学究とは? わかりやすく解説

がっ‐きゅう〔ガクキウ〕【学究】

読み方:がっきゅう

もっぱら学問研究携わること。また、その人。「―の徒」「―肌の人」

「学究」に似た言葉

学究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:32 UTC 版)

ヴァルター・ハルシュタイン」の記事における「学究」の解説

ドイツ西部のマインツ生まれたベルリン大学などで法学学んで1925年博士号取得した後、ベルリン大学助手経て1926年ベルリンカイザー・ヴィルヘルム研究所外国私法国際私法研究員となり、1930年ロストック大学教授1941年にはフランクフルト大学教授となったこの間国家社会主義法律家連盟国家社会主義国民福祉協会国家社会主義ドイツ人教師連盟などの職能団体加入していた。1938年ローマで開かれたイタリアとの交渉会合ドイツ代表として出席した第二次世界大戦中1942年からはドイツ国防軍予備役中尉としてフランス北部第709歩兵師団配属されたが、1944年シェルブールアメリカ軍捕虜となったハルシュタインアメリカミシシッピ州設けられ捕虜収容所送られたが、彼はここで「収容所大学」を創設し捕虜に対して法学講義した戦後1946年ハルシュタインドイツへ戻りフランクフルト大学学監選ばれたその前日ルートヴィヒ・エアハルトバイエルン州経済事務次官就任請われたが、これを断っている1948年にはアメリカジョージタウン大学客員教授として招かれ1年間国際関係論講義したドイツ帰国後は西ドイツ国際連合教育科学文化機関ユネスコ加盟交渉参加、さらに欧州石炭鉄鋼共同体加盟交渉西ドイツ政府首席代表に選ばれた経済省は経済ではなく法学専門家であるハルシュタイン任命反対したが、これは西ドイツ初代首相コンラート・アデナウアーの強い希望による人事だった。

※この「学究」の解説は、「ヴァルター・ハルシュタイン」の解説の一部です。
「学究」を含む「ヴァルター・ハルシュタイン」の記事については、「ヴァルター・ハルシュタイン」の概要を参照ください。


学究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:24 UTC 版)

ハインリヒ・ブリューニング」の記事における「学究」の解説

酢の工場経営ワイン販売をしていた父は保守的なカトリック教徒だったが、ブリューニング1歳のときに死去したそのため彼の兄が父の代わりに大きな影響与えた故郷ミュンスターギムナジウム卒業後ミュンヘン大学入学し法学を学ぶが、1906年シュトラースブルク(現フランス領ストラスブール大学転じて専攻哲学・史学・ドイツ語変更する1911年高等教員資格試験に合格するが、教師にならずイギリスに渡りロンドン・スクール・オブ・エコノミクス経済学を学ぶ。1913年ボン戻りその2年後経済学博士号を取得し当時として異例に長い学業終えた卒業と同時に軍に志願して機関銃部隊少尉として第一次世界大戦従軍1918年ドイツ革命起きて大戦終結するが、ナショナリストとして彼はこの革命反対であり後にヴァイマル共和国首相になってからもそれを公言していた。復員後博士号を持っていたにもかかわらず研究・教育の道には進まず1919年からカトリック派の政治家カール・ゾンネンシャイン(ドイツ語版)の支援者として復員軍人就学就職支援活動従事した1920年ドイツ労働組合連盟DGB会長であるプロイセン州福祉大臣アダム・シュテーガーヴァルト(ドイツ語版)の個人秘書となり、DGB事務局長に就任する

※この「学究」の解説は、「ハインリヒ・ブリューニング」の解説の一部です。
「学究」を含む「ハインリヒ・ブリューニング」の記事については、「ハインリヒ・ブリューニング」の概要を参照ください。


学究

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/19 09:53 UTC 版)

サンディエゴ大学」の記事における「学究」の解説

上記のように、60以上の学位提供し、計6つ学校で成っている。その学校でも一番新しいのがジョン・Bケロッグ平和学部である。USD優等課程学部レベル提供しており、年間300生徒登録されている。「U.S. News & World Report」誌では全米トップ100大学に、そして「Princeton Review」誌でも『最高の351大学』の一つ選ばれている。

※この「学究」の解説は、「サンディエゴ大学」の解説の一部です。
「学究」を含む「サンディエゴ大学」の記事については、「サンディエゴ大学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「学究」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「学究」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学究」の関連用語

学究のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



学究のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヴァルター・ハルシュタイン (改訂履歴)、ハインリヒ・ブリューニング (改訂履歴)、サンディエゴ大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS