カッピング療法とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > カッピング療法の意味・解説 

カッピング療法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/19 23:02 UTC 版)

カッピング療法(カッピングりょうほう)は吸い玉療法吸角法などとも呼ばれ、東洋でも西洋でも行なわれてきた伝統的な身体治療方法で、ガラス容器(吸い瓢、吸いふくべ、吸角)にアルコール類を入れて燃やして皮膚にあてると吸いつき、その身体部分がうっ血状態になり、それが治療に役立つと信じられているもの。


  1. ^ 『Harper's BAZAAR 2017年1・2月合併号』ハースト婦人画報社、249頁
  2. ^ リオ五輪で流行の「吸玉療法」 丸いあざに潜む危険性”. Forbes JAPAN. 2016年8月10日閲覧。


「カッピング療法」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カッピング療法」の関連用語

1
12% |||||

2
6% |||||

3
2% |||||

カッピング療法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

JAS

パースフレーム

ウラシマソウ

Passat

差水

docomo STYLE series F-07B

ランサー

ひまし油





カッピング療法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカッピング療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS