サービスの貿易に関する一般協定とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 協定 > サービスの貿易に関する一般協定の意味・解説 

サービスの貿易に関する一般協定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 05:44 UTC 版)

サービスの貿易に関する一般協定(サービスのぼうえきにかんするいっぱんきょうてい、General Agreement on Trade in Services、通称GATS)は、1994年に作成された世界貿易機関を設立するマラケシュ協定の一部(附属書1b)を成すサービス貿易に関する条約である。日本法においては、国会承認を経た「条約」であるWTO設立協定(日本国政府による法令番号は、平成6年条約第15号)の一部として扱われる。




「サービスの貿易に関する一般協定」の続きの解説一覧




サービスの貿易に関する一般協定と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  サービスの貿易に関する一般協定のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サービスの貿易に関する一般協定」の関連用語

サービスの貿易に関する一般協定のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サービスの貿易に関する一般協定のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサービスの貿易に関する一般協定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS