国境を超える取引とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 国境を超える取引の意味・解説 

国境を超える取引

読み方:こっきょうをこえるとりひき
別名:第1モード

企業個人自国いながら外国所在する企業個人に対してサービス提供すること、またはサービスの提供を受けること。

例えば、Webサイト通じて外国在住者に商品販売したり、外国デザイン会社デザイン発注したり、といったものが、国境を超える取引に該当する。

国境を超える取引は、サービス貿易態様1つで、世界貿易機関WTO)のサービスの貿易に関する一般協定GATS)の中で定められている。

なお、サービス貿易態様には、『国境を超える取引』の他に、『海外における消費』、『業務上の拠点を通じてのサービス提供』、『自然人の移動によるサービス提供』が挙げられる。WTO加盟国は、これらの4つの態様について自由化約束を行っている。

関連サイト
サービスの貿易に関する一般協定(GATS)の解説外務省


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国境を超える取引」の関連用語

国境を超える取引のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国境を超える取引のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS