保護関税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 関税 > 保護関税の意味・解説 

ほご かんぜい -くわんぜい [3] 【保護関税】

国内産業保護するため,競合する輸入商品に課する関税。 → 財政関税

保護関税

読み方ほごかんぜい

輸入品関税課せられると、その分だけコスト増加し、国産に対して競争率が低くなることになりますこのような関税による国内産業保護という機能のことを保護関税といいます。

現在では、関税機能として国内産業保護中心となっています。


保護関税

輸入品関税課せられると、その分だけコスト増加し、国産に対して競争力低下することとなる。このような関税による国内産業保護という機能のことをいう。現在では、関税機能として、国内産業保護中心となっている。

※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。





保護関税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

保護関税に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「保護関税」の関連用語

保護関税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

銀帯東根笹

ホシダルマガレイ

K 1200 LT

くりすとばる丸

AQUOS PAD SH-06F

シロップシャー

クリア・ケース

2目ゴム編み





保護関税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2017 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
※この記事は「税関」ホームページ内の「税関関係用語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

©2017 Weblio RSS