国際分業とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 国際分業の意味・解説 

こくさい ぶんぎょう -ぶんげふ [5] 【国際分業】

国と国との間の分業各国自国生産条件見合った商品生産行い、その一部輸出し、他の商品外国から輸入すること。

国際分業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/15 05:49 UTC 版)

国際分業(こくさいぶんぎょう)とは経済学用語の一つ。国家と国家との間で分業を行うことを国際分業と言う。これはそれぞれの国において強みであるというために割安で生産できる物を、互いに多く生産して輸出しあうということで互いの国家において生産する場合よりもコストを削減することを目的として行われている。日本が行ってきた国際分業としては、日本は原材料が不足していることから原材料は外国に頼ると同時に、日本は工業技術が発達しているということから工業製品は優れており、その工業製品を外国に輸出するという形での国際分業を行ってきた。




「国際分業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「国際分業」の関連用語

国際分業のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



国際分業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国際分業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS