関税定率法とは?

かんぜい‐ていりつほう〔クワンゼイテイリツハフ〕【関税定率法】

関税税率課税標準関税減免、その他関税制度について定め法律明治44年(1911)施行


関税定率法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/16 21:17 UTC 版)

関税定率法(かんぜいていりつほう、明治43年4月15日法律第54号)は、関税の税率、関税を課する場合における課税標準及び関税の減免その他関税制度について定めた日本の法律。全38条(枝番を含む。条数としては21条まで)。最終改正は2019年(平成31年)3月30日法律第11号。




「関税定率法」の続きの解説一覧




関税定率法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「関税定率法」の関連用語

関税定率法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



関税定率法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの関税定率法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS