トービン税とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > > トービン税の意味・解説 

トービン税

外国為替取引のすべてにおいて売り手買い手課税する」という税金のこと。1972年ノーベル賞経済学者トービンエール教授提唱した。

トービン税

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/21 09:00 UTC 版)

トービン税(トービンぜい、: Tobin Tax)は、ノーベル経済学賞受賞者ジェームズ・トービンイェール大学経済学部教授)が1972年に提唱した制度である。投機目的の短期的な取引を抑制するため、国際通貨取引(外国為替取引)に低率の課税をするというアイデア[1]で、1994年のメキシコ通貨危機以降、注目を集めた。


[ヘルプ]
  1. ^ トービン税【トービンゼイ】 デジタル大辞泉の解説


「トービン税」の続きの解説一覧



トービン税と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「トービン税」の関連用語

トービン税のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



トービン税のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトービン税 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS