ICJとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > ICJの意味・解説 

国際司法裁判所

読み方:こくさいしほうさいばんしょ
英語:International Court of Justice、ICJ

国際連合の下に設置されている司法機関1946年設立された。国家間の紛争裁判審理する国際司法機関として機能している。オランダハーグ本部構える。

国際司法裁判所では、当事国の双方から裁判付託されることによって裁判が行われる。一国一方的訴えかけて裁判持ち込むことはできない判決には拘束力があり、上級裁判所を持たないた一審判決決定する。

関連サイト
Cour internationale de Justice

国際司法裁判所

読み方こくさいしほうさいばんしょ
【英】: international court of justice
略語: ICJ

国際連合主要な司法機関で、国際司法裁判所規程に従って任務を行う常設的な裁判所
オランダハーグ設置されている。裁判所は、国連から選挙選ばれる国籍異にする 15 人の裁判官構成され、国家だけが訴訟提起することができる。訴訟手続書面手続口頭手続の 2 段階からなり弁論原則として公開される。判決は、終審とし上訴許さない判決当事国を拘束する。この裁判所紛争審理されるためには、紛争当事国間において事件をこの裁判所解決する旨の合意が必要である。これまでにも海洋法に関して北海大陸棚事件、チュニジア・リビア間大陸棚事件メイン湾地区海洋境界確定事件などがこの裁判所解決された。国連海洋法条約は、この条約解釈または適用に関する締約国間の紛争を、国際裁判所解決する義務を課している。そこで、いずれの国も条約締約国となる際に、国際司法裁判所、国際海洋法裁判所仲裁裁判所または特別仲裁裁判所いずれか管轄権受諾することが求められる。そして、紛争当事国のすべてが国際司法裁判所の管轄権受諾している場合には、この裁判所海洋法条約にかかわる紛争審理されることになる。

ICJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/16 03:45 UTC 版)

  1. 国際司法裁判所 International Court of Justiceの略。
  2. 国際法律家委員会 International Commission of Juristsの略。




ICJと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ICJ」の関連用語

ICJのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ICJのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2019 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのICJ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS