カシラとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > カシラの意味・解説 

かしら【頭】

[名]

人間動物の首から上の部分。あたま。こうべ。「尾頭つき」「頭、右」「頭に霜を置く

髪の毛頭髪。「頭を剃(そ)る」

物のいちばん上、または先の部分先端。「八歳を頭に三人の子持ち

一団人々統率する人。統領。特に、鳶職(とびしょく)・大工左官など職人親方

(「首」とも書く)人形の首から上の部分。特に、人形浄瑠璃人形頭部。「頭を遣う

能で扮装に用いる仮髪。前は顔までかかり、横は両肩垂れ後ろ背丈に及ぶ長いもの。黒頭赤頭白頭があり、役によって使い分ける。「獅子(しし)頭」

もつ焼きで、豚の頭部の肉。

接尾助数詞

動物数えるのに用いる。

「鹿の一―にても殺す者あらば」〈宇治拾遺・七〉

仏像数えるのに用いる。

「(仏師ニ)幾―造り奉りたるぞと問へば」〈宇治拾遺・九〉

烏帽子(えぼし)など頭にかぶるものを数えるのに用いる。

「折らぬ烏帽子十―、直垂大口などをぞ入れたりける」〈義経記・七〉

人の上に立つ者、特に大名などを数えるのに用いる。

「あれへ大名一―、瓜核(うりざね)顔の旦那殿、東寺から出た人さうな」〈浄・丹波与作


かしら

《「かしらん」の音変化

[副助](「なに」「だれ」「どこ」などの疑問語に付いて)不定ものをいう意を表す。「どこかしらへ行ってしまった」「なにかしらむつかしいことを言っていた」

[終助]

口調和らげ不審疑問気持ちを表す。かな。

自分自身に対して問いかける。「あら、降ってきたのかしら」「午後何をしようかしら」

相手に対して問いかける。「ご都合はいかがかしら」

打消し助動詞「ない」「ん(ぬ)」のあとに付けて願望依頼の意を表す。「わたしも連れていってくれないかしら」「お世話願えませんかしら」

[補説] 現代では、多く女性が用いる。


読み方:カシラ(kashira

(1)人間動物の頭、物の上部先端はじまり、月・時の初め
(2)一群の長、またかしらだつ人。
(3)琉球村落行政末端につらなった役人


カシラ(頭)

カシラ ゼラチン質を多く含んでいるため柔らかく、食味を増すことから、シューマイその他加工食品原料に使われています。ほお肉は常に動かしている部位なので、肉質硬くなっていますが、コク旨味のある味がでるので串焼き・シチュー・パイ・ソーセージによく用いられています。

カシラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/18 03:08 UTC 版)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カシラ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

カシラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カシラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
サイボクサイボク
Copyright(C)2020株式会社埼玉種畜牧場
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカシラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS