ピューリツァー賞とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ピューリツァー賞の意味・解説 

ピューリッツァー賞

(ピューリツァー賞 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 15:04 UTC 版)

ピューリッツァー賞(ピューリッツァーしょう、: Pulitzer Prize)は、アメリカ合衆国における新聞、雑誌、オンライン上の報道文学作曲の功績に対して授与される賞。


参考文献

  1. ^ 要は、「自分から作品を応募したことを、最終候補ノミネートとは言わないよ!」という主張。アカデミー賞は米国人に馴染み深いため、たまたまサンドラーのコメディ作品が当時の比喩として使われた。
  1. ^ a b c d Topping, Seymour (2008年). “History of The Pulitzer Prizes”. The Pulitzer Prizes. Columbia University. 2011年9月13日閲覧。 Updated 2013 by Sig Gissler.
  2. ^ Pulitzer Board raises prize award to $15,000”. The Pulitzer Prizes. Columbia University (2017年1月3日). 2017年1月13日閲覧。
  3. ^ Topping, Seymour (2008年). “Administration”. The Pulitzer Prizes. Columbia University. 2013年1月31日閲覧。 Updated 2013 by Sig Gissler.
  4. ^ The Medal”. Pulitzer Prizes. 2013年1月31日閲覧。
  5. ^ 佐々木(1992:3)
  6. ^ 佐々木(1992:4)
  7. ^ 佐々木(1992:13)
  8. ^ Entry Form For a Pulitzer Prize in Journalism Pulitzer.org
  9. ^ 「理事会」という訳語は、ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説「ピュリッツァー賞とは」に従ったもの。これを「委員会」とする書籍もある。
  10. ^ Abad-Santos, Alexander (2012年6月26日). “Journalists, Please Stop Saying You Were 'Pulitzer Prize-Nominated'”. what matters now (the Atlantic wire). https://news.yahoo.com/journalists-please-stop-saying-were-pulitzer-prize-nominated-143519830--finance.html 
  11. ^ Frequently Asked Questions”. The Pulitzer Prizes. 2016年8月5日閲覧。 “What are the criteria for the judging of The Pulitzer Prizes?”
  12. ^ 佐々木(1992:15)
  13. ^ 佐々木(1992:11)
  14. ^ The 2000 Pulitzer Prize Winner in Public Service: The Washington Post, notably for the work of Katherine Boo”. The Pulitzer Prizes. 2017年3月4日閲覧。
  15. ^ The 1996 Pulitzer Prize Winner in Public Service: The News & Observer (Raleigh, NC), for the work of Melanie Sill, Pat Stith and Joby Warrick”. The Pulitzer Prizes. 2017年3月4日閲覧。
  16. ^ The 2009 Pulitzer Prize Winner in Local Reporting: Detroit Free Press Staff, and notably Jim Schaefer and M.L. Elrick”. The Pulitzer Prizes. 2017年3月4日閲覧。
  17. ^ 2017 Journalism Submission Guidelines, Requirements and FAQs”. The Pulizer Prize Board. 2017年3月4日閲覧。
  18. ^ a b “Pulitzer Board Widens Range of Online Journalism in Entries” (プレスリリース), Pulitzer Prize Board, (2006年11月27日), http://www.pulitzer.org/onlinepressrelease 2010年4月12日閲覧。 
  19. ^ “Pulitzer Prizes Broadened to Include Online-Only Publications Primarily Devoted to Original News Reporting” (プレスリリース), Pulitzer Prize Board, (2008年12月8日), http://www.pulitzer.org/new_eligibility_rules 2010年4月12日閲覧。 
  20. ^ “Expanded eligibility for three journalism categories” (プレスリリース), Pulitzer Prize Board, (2015年10月26日), http://www.pulitzer.org/news/expanded-eligibility-three-journalism-categories 2017年3月4日閲覧。 
  21. ^ 2016 Pulitzer Prizes”. Pulitzer Prize Board. 2017年3月4日閲覧。
  22. ^ “Pulitzer Prizes open all journalism categories to magazines” (プレスリリース), Pulitzer Prize Board, (2016年10月18日), http://www.pulitzer.org/news/pulitzer-prizes-open-all-journalism-categories-magazines 2017年3月4日閲覧。 
  23. ^ The Pulitzer Prizes”. Pulitzer.org. 2018年4月17日閲覧。
  24. ^ The Pulitzer Prizes”. Pulitzer.org. 2018年4月17日閲覧。
  25. ^ “Elizabeth Alexander elected to Pulitzer Prize Board” (プレスリリース), Pulitzer Prize Board, (2016年5月30日), http://www.pulitzer.org/news/elizabeth-alexander-elected-pulitzer-prize-board 2017年3月4日閲覧。 
  26. ^ The Pulitzer Prizes”. Pulitzer.org. 2018年4月17日閲覧。
  27. ^ The Pulitzer Prizes”. Pulitzer.org. 2018年4月17日閲覧。
  28. ^ Topping, Seymour. “Biography of Joseph Pulitzer”. The Pulitzer Prizes. 2017年5月16日閲覧。 Updated 2013 by Sig Gissler.
  29. ^ a b Boylan, James (June 2003). Pulitzer's School: Columbia University's School of Journalism, 1903-2003. New York: Columbia University Press. OCLC 704692556. https://books.google.com/books?id=HQ6FAAAAQBAJ&pg=PA118#v=onepage&q&f=false 2017年3月4日閲覧。 
  30. ^ Hohenberg, John. The Pulitzer Diaries: Inside America's Greatest Prize. 1997. p. 109.
  31. ^ McDowell, Edwin. "Publishing: Pulitzer Controversies". The New York Times, May 11, 1984: C26.
  32. ^ Fein, Esther B. (1993年3月3日). “Book Notes”. The New York Times. オリジナルの2007年2月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070211024838/http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F00613FC3E580C708CDDAA0894DB494D81 2017年2月12日閲覧。 
  33. ^ (1978, September 21). "Judge Rules "Roots" Original", Associated Press
  34. ^ (1978, September 22). "Suit against Alex Haley is dismissed", United Press International
  35. ^ Complete Historical Handbook of the Pulitzer Prize System 1917-2000: Decision-Making Processes in all Award Categories Based on Unpublished Sources, by Heinz D. Fischer and Erika J. Fischer, The Pulitzer Prize Archive, Walter de Gruyer, 2003, p. 325
  36. ^ a b "Pulitzer Decision Angers Juror Ignoring Nominations, Panel Didn't Know History Prize," San Jose Mercury News, April 23, 1994, p. 2B
  37. ^ “unknown”. Los Angeles Times. (2010年4月13日). オリジナルの2010年4月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100415050116/http://theenvelope.latimes.com/la-et-pulitzer-mcnulty-20100413%2C0%2C3224899.story 
  38. ^ Simonson, Robert (2010年4月16日). “Playbill.com's Theatre Week In Review, April 10-April 16: The Pulitzer Paradox”. Playbill. 2017年5月16日閲覧。
  39. ^ Bozell, Brent (2007年4月22日). “Pulitzers' liberal legacy”. Pittsburgh Tribune-Review. オリジナルの2013年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130131142218/http://www.pittsburghlive.com/x/pittsburghtrib/opinion/columnists/guests/s_503968.html 2010年10月14日閲覧。 
  40. ^ Hagey, Keach (2010年10月4日). “Kathleen Parker: 'Smallish-town girl' hits cable”. Politico. http://www.politico.com/news/stories/1010/43074.html 2010年10月14日閲覧。 
  41. ^ Yong Z. Volz; Francis LF Lee (August 30, 2012). “Who wins the Pulitzer Prize in international reporting? Cumulative advantage and social stratification in journalism”. Journalism. doi:10.1177/1464884912455905. http://jou.sagepub.com/content/14/5/587 2012年10月18日閲覧。. 
  42. ^ Kelly Burdick (2012年10月18日). “New study says women may need connections to win a Pulitzer”. Melville House Publishing. 2012年10月18日閲覧。
  43. ^ a b Female Pulitzer Prize winners require higher qualifications, study finds”. Phys.org (2012年10月18日). 2012年10月18日閲覧。


「ピューリッツァー賞」の続きの解説一覧

「ピューリツァー賞」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ピューリツァー賞のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ピューリツァー賞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのピューリッツァー賞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS