腕立て伏せとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 体操 > 腕立て伏せの意味・解説 

うでたて‐ふせ【腕立て伏せ】

読み方:うでたてふせ

手のひらつま先うつぶせにからだを支え両腕屈伸する運動


腕立て伏せ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 14:14 UTC 版)

腕立て伏せ(うでたてふせ)は、筋力トレーニングの1つ。体育学では「腕立て伏臥腕屈伸」とも呼ばれる。英語では push-up(プッシュアップ)。


  1. ^ 完璧な腕立て伏せのコツとやり方 ライフハッカー 2013年4月6日
  2. ^ 腕立て伏せ(プッシュアップ)の効果的なやり方【プロが教える筋トレ】”. ORICON NEWS. 2022年5月7日閲覧。
  3. ^ Lee, Bruce, 'Preliminaries' in The Tao of Jeet Kune Do, California: Ohara Publications, 1975, p.29
  4. ^ Mujumdar D.C., The Encyclopedia of Indian Physical Culture, 1950, p.460, plate 131
  5. ^ 「90°腕立て伏せ」の世界記録、5歳の少年に破られる ロケットニュース24 2010年2月26日
  6. ^ 千代の富士貢『不撓不屈:一〇四五勝への道のり』


「腕立て伏せ」の続きの解説一覧

「腕立て伏せ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



腕立て伏せと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

腕立て伏せのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



腕立て伏せのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの腕立て伏せ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS