curlingとは? わかりやすく解説

カーリング【curling】


カール

読み:かーる
英語:curling

用紙のそりをいう.機械的外力巻きぐせ,しごき)および水分の吸湿による表裏伸縮差で起る熱ローラ定着時にはトナーの熱収縮加わりその程度大きくなる

カーリング

(curling から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/29 16:49 UTC 版)

カーリング: curling)は、氷上で行われるウィンタースポーツ冬季オリンピック競技の一つ。


注釈

  1. ^ 野球やソフトボールで言う、大差コールドに近い。
  2. ^ かつては試合中に1チームが1分間のタイムアウトを2度取ることができ、時計を止めた上でコーチの助言を仰ぐことができた。
  3. ^ 2018-2019シーズンより前は最初の4ストーンまで。
  4. ^ 長野オリンピック開催前まではタイムアウト時もコーチとの話し合いは認められていなかった。

出典

  1. ^ 公益社団法人日本カーリング協会頭部外傷ガイドライン 第2版 - 公益社団法人日本カーリング協会
  2. ^ The Rules of Curling (Oct 2021) (PDF)”. WORLD CURLING FEDERATION. 2022年3月2日閲覧。
  3. ^ バンクーバーオリンピック2010 カーリング 見どころ - JOC”. 日本オリンピック委員会. 2022年2月13日閲覧。
  4. ^ 山梨日日新聞 1937年(昭和12年)1月18日発行
  5. ^ 最新スポーツ大事典 192頁 ISBN 4-469-06203-0
  6. ^ 平昌五輪・祭典のまちから 競技人口3千人“マイナー競技”カーリングの魅力”. 産経新聞(産経WEST) (2018年2月16日). 2018年2月20日閲覧。
  7. ^ カーリングが出来る施設 - 公益社団法人 日本カーリング協会
  8. ^ a b Rules and Regulations”. World Curling Federation. 2018年3月3日閲覧。
  9. ^ a b Lozowski, Edward; Krzysztof Szilder, Sean Maw, et al. (2015-06) Towards a first principles model of curling ice friction and curling stone dynamics. In Proceedings of the 2015 International Ocean and Polar Engineering Conference, Kona, Hawaii, June 21–26, 2015.
  10. ^ 氷上の地質学〜スコットランド産の花崗岩がカーリングに最適な理由”. 日経サイエンス (2014年3月). 2018年3月5日閲覧。 Easter, Michael (2014年2月1日). “From Scottish Magma to Sochi Ice: The Geologic History of Curling Stones”. Scientific American. 2018年3月5日閲覧。
  11. ^ Souza, Dave (2018年2月22日). “Curling Stones Sliding To Pyeongchang All The Way From Scotland”. Only A Game. WBUR. 2018年3月6日閲覧。
  12. ^ http://www.curling.or.jp/about-curling/about-curling001.html
  13. ^ Eye on the Hog”. www.eyeonthehog.com. 2022年2月22日閲覧。
  14. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年2月14日). “トラブル続出 ストーンの電子判定を停止 カーリング” (日本語). 産経ニュース. 2022年2月22日閲覧。
  15. ^ 2015 競技規則改正についての解説 (PDF) [リンク切れ] - 日本カーリング協会 競技委員会 2015年6月
  16. ^ https://locosolare.jp/about_curling/
  17. ^ https://www.oaj.jp/interview/18_osawa/
  18. ^ カーリングは女子だけじゃない! メンバー変更なしで、家族より密な“シンクロ”男子も魅力的だ”. 週プレNEWS (2018年2月20日). 2020年2月10日閲覧。
  19. ^ スポンサーゼロでも、負けてばかりでも…カーリング男子が見続けた夢”. 現代ビジネス (2018年2月15日). 2020年2月10日閲覧。
  20. ^ Jクラブ参入、名門の刷新、ポジション変更に新チーム結成。どうぎんカーリングクラシック2018展望”. Yahoo!ニュース (2018年8月2日). 2020年2月10日閲覧。
  21. ^ Curling Facilities - 公益社団法人 日本カーリング協会
  22. ^ オーディオテクニカ. “Sports Field + audio technica”. カーリング(その1). 2010年2月27日閲覧。
  23. ^ オーディオテクニカ. “Sports Field + audio technica”. カーリング(その2). 2010年2月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月27日閲覧。
  24. ^ オーディオテクニカ. “Sports Field + audio technica 2010年バンクーバー大会”. 2014年8月18日閲覧。
  25. ^ オーディオテクニカ. “ピーター・ウガルター氏(WCTVオーディオ・ミキサー)インタビュー”. 2014年8月18日閲覧。
  26. ^ 音、音、音。 音聴く人々 ISBN 978-4344998414
  27. ^ 林義則 (2010年1月5日). “飛ぶ・曲げる…勝敗を決めるのは”. a サロン、科学面にようこそ. 朝日新聞. 2010年2月13日閲覧。[リンク切れ]
  28. ^ Leibel, Carmen (2010年1月22日). “The Science Behind the Perfectly Delivered Curling Rock”. Express News. University of Alberta. 2010年2月6日閲覧。[リンク切れ]
  29. ^ a b O'Conner, Joe (2010年1月19日). “Covert Ops”. National Post. http://www.nationalpost.com/sports/story.html?id=2457469 [リンク切れ]
  30. ^ a b Burdick, Alan (2018年2月21日). “Physicists Still Don’t Know What Puts the Curl in Curling”. New Yorker. 2018年2月23日閲覧。
  31. ^ a b 青野由利 (2018年3月3日). “土記〜カーリングの秘密”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20180303/ddm/003/070/128000c 2018年3月6日閲覧。 
  32. ^ a b Shegelski, Mark (2000年). “What Puts the Curl in a Curling Stone?”. ICING. 2010年2月6日閲覧。
  33. ^ Harrison, David M. (2004年). “Curling (SWF)”. UPSCALE. University of Toronto. 2010年2月6日閲覧。
  34. ^ Ontario Science Centre (2010年2月17日). “Be a Curling Stone! (video)”. YouTube. 2010年2月23日閲覧。
  35. ^ Mirsky, Steve (2010年2月18日). “Ice, Ice, Baby: The Physics of Curling (podcast)”. Science Talk. Scientific American. 2010年2月23日閲覧。
  36. ^ Jensen, E.T.; Mark R.A. Shegelski (2004). “The Motion of Curling Rocks: Experimental Investigation and Semi-phenomenological Description”. Canadian Journal of Physics 82: 791–809. doi:10.1139/P04-020. 
  37. ^ 前野紀一 (2009). “カーリング・ストーンがカールするメカニズム” (PDF). 雪氷研究大会(2009・札幌). p.221. https://doi.org/10.14851/jcsir.2009.0.221.0 
  38. ^ Maeno, N. (2010). “Curl Mechanism for a Curling Stone on Ice Pebbles”. Bulletin of Glaciological Research 28: 1–6. 
  39. ^ 前野紀一、2010、「カーリングと氷物性 (PDF) 」 、『雪氷』72巻 pp. 181–189
  40. ^ Nyberg, H.; S. Alfredson, S. Hogmark, S. Jacobson (2013). “The Asymmetrical Friction Mechanism That Puts the Curl in the Curling Stone”. Wear 301: 583–589. doi:10.1016/j.wear.2013.01.051. 
  41. ^ Majendie, Matt (2013年10月29日). “Science Friction — Understanding the Thinking Behind Curling”. http://edition.cnn.com/2013/10/28/sport/science-friction-curling-feature/ 
  42. ^ Penner, A.R. (2000). “The physics of sliding cylinders and curling rocks”. American Journal of Physics 69: 332–339. 
  43. ^ Shegelski, Mark R.A.; Edward Lozowski (2016). “Pivot–slide model of the motion of a curling rock”. Canadian Journal of Physics 94: 1305–1309. doi:10.1139/cjp-2016-0466. 
  44. ^ Shegelski, Mark R.A.; Edward Lozowski (2017). “First principles pivot-slide model of the motion of a curling rock: Qualitative and quantitative predictions”. Cold Regions Science and Technology 146: 182–186. doi:10.1016/j.coldregions.2017.10.021. 
  45. ^ Young, Chris (2010年1月19日). “The Secret Science of Curling”. thestar.com. https://www.thestar.com/sports/olympics/2010/01/19/the_secret_science_of_curling.html 
  46. ^ Bradley, John L. (2009). “The Sports Science of Curling: A Practical Review”. Journal of Sports Science and Medicine 8: 495–500. http://www.jssm.org/vol8/n4/1/v8n4-1abst.php. 
  47. ^ JA全農チビリンピック2018 全農杯 第1回全日本小学生カーリング選手権大会の開催について”. 全国農業協同組合連合会 (2018年12月20日). 2018年12月28日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「curling」の関連用語

curlingのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



curlingのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2023 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカーリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS