頭頂骨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > 頭頂骨の意味・解説 

とうちょう‐こつ〔トウチヤウ‐〕【頭頂骨】


頭頂骨

読み方とうちょうこつ
【英】:Os parietale,Parietal bone

頭頂骨は正中線で合して頭頂をつくる1対の頭蓋冠大部分形成するほぼ四角形偏平骨で、4縁、4角、2面を有する。4縁のうち後方後頭接す部分後頭縁といい人縫合をなし、下方側頭接す部分縁といい輪状縫合をなす。4角のうち後上角の後頭角は鈍角、後下角の乳突角鋭角、前上角の前頭角はほぼ直角、前下角の蝶形骨角は鋭角をなす。外面頭頂面ともよばれ凸面をなし、中央部でとくに膨隆した部分頭頂結節という。頭頂結節胎児および若年頭蓋著明である。また左右両側の頭頂結節間の距離が頭蓋の幅の最も広いところ、すなわち最大脳頭蓋幅径として知られている。頭頂結節下方上下本の弓状の線が認められるが、上の線を上側頭線といい側頭筋膜の着く所である。下の線を下側頭線といい側頭筋の着くところである。矢状縫合後方部に頭頂孔という小孔があり、ここを頭頂導出静脈が通る。内面大脳面ともよばれ凹面をなし、指圧痕、脳隆起動脈溝などが認められ、骨の上縁に沿って幅の広い矢状溝があり、他側の頭頂骨の同名溝と合して完全な上矢状洞溝となる。この近くには多数小窩があり、クモ膜顆粒をいれる。また乳突角部分にはS状洞溝の上部の一部認められる

A02102001a.jpg (23149 バイト)

A02102001b.jpg (25020 バイト)


頭頂骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/16 06:56 UTC 版)

頭頂骨(とうちょうこつ、Parietal bone)は、哺乳類において、脳頭蓋頂部を形成する骨である[1]


  1. ^ a b 森ら, p.72


「頭頂骨」の続きの解説一覧



頭頂骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頭頂骨」の関連用語

頭頂骨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頭頂骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2021 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの頭頂骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS