漢委奴国王印とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 漢委奴国王印の意味・解説 

かんのわのなのこくおう の いん -こくわう- 【漢委奴国王印】


漢委奴国王印

読み方:カンノワノナノコクオウイン(kannowanonanokokuouin)

後漢書」にみえる光武帝倭奴国王に贈ったとされる金印


漢委奴国王印

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/22 16:02 UTC 版)

漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん、漢委奴國王印)は、日本で出土した純金製の金印)である。読みは印文「漢委奴國王」の解釈に依るため、他の説もある(印文と解釈を参照)。1931年昭和6年)12月14日国宝保存法に基づく(旧)国宝[1]1954年(昭和29年)3月20日文化財保護法に基づく国宝に指定されている。


  1. ^ 200ccメートルグラスに金印を入れ、増水量を三度測った平均値。
  2. ^ 金と銀だけなら22.5K。
  3. ^ 三雲⇒井原鑓溝⇒平原遺跡など大量の鏡を伴う紀元前1世紀頃 - 後3世紀頃にかけての王墓が伊都国糸島市付近)に集中していること『魏志倭人伝』の記述では、「伊都国」には「世有王 皆統属女王国 郡使往来常所駐」と歴代複数の王の存在が明記されているのに対し、「奴国」には王の存在を示す記事、あるいは「かつて奴国に王あり」といった記載がなく、中国は「伊都国王」を承認の王としているとする[17]
  4. ^ 二松學舍大学名誉教授・大谷光男は、『後漢書』から皇帝が周辺の蛮夷に授けた金印紫綬の史料7例を再検討し「金印紫綬は、一国(国家)に授け、国内の一部族(国)に授けられることはなかった。したがって、金印『漢委奴国王』の読み方で、『カンのワのナのコクオウ』と訓む三宅説は退けられることになる」[18]としているが、そもそも一国と一部族(民族)の定義や概念そのものを問うている論争なので、「倭」と「奴」と「委奴」がそれぞれ一体どのような範囲の何を示すものなのかが定まらない以上、それぞれの説を退ける退けないの結論はいまだ出ていない
  5. ^ 「漢匈奴悪適尸逐王」の印を「漢の匈奴の悪適尸逐の王」と読み三段の国名の例が存在するとの意見もあったが、「悪適尸逐」は匈奴の王号であり国や部族の名称ではなく、「漢の匈奴の悪適尸逐王」で二段の国名の印である。また、この印は銅印である。
  6. ^ 同書には「親魏倭王」の印譜が収められてるが、20世紀の出土品などと比べると「王」字が時代変遷に合致せず、真印ではなく偽作の模刻陰影だと考えられる[31]
  1. ^ 金印〈印文「漢委奴國王」/〉文化庁国指定文化財等データベース
  2. ^ 金印 - 文化財情報 - 福岡市の文化財[リンク切れ]
  3. ^ 岡崎敬「「漢委奴国王」金印の測定」『魏志倭人伝の考古学 九州編』所収
  4. ^ 「北方」とあるが、叶ノ浜は志賀島の南西の海岸。
  5. ^ 明石散人『七つの金印 日本史アンダーワールド』
  6. ^ 入田整三「国宝漢委奴國王金印の寸法と量目」『考古学雑誌』、1933年、岡崎敬『魏志倭人伝の考古学 九州編』所収
  7. ^ 岡部長章「奴国王金印問題評論」『鈴木俊教授還暦記念東洋史論叢』、1964年、岡崎敬『魏志倭人伝の考古学 九州編』所収
  8. ^ a b c d 高倉 (2007)
  9. ^ 亀井南冥 『金印辨』、1784年
  10. ^ 竹田定良 『金印議』、1784年
  11. ^ 三宅米吉「漢委奴国王印考」『史学雑誌』、1892年明治25年)。
  12. ^ 藤貞幹 『藤貞幹考』、1784年
  13. ^ 上田秋成 『漢委奴国王金印之考』、1785年
  14. ^ 青柳種信 『後漢金印略考』、1812年
  15. ^ 福岡藩 『黒田新続家譜』、1844年
  16. ^ 久米雅雄「金印奴国説への反論」『藤澤一夫先生古稀記念古文化論叢』、藤澤一夫先生古稀記念論集刊行会、1983年、大谷光男編著『金印研究論文集成』、新人物往来社、1994年
  17. ^ 久米雅雄「晋率善羌中郎将銀印及周辺歴史之研究」『国際印学研討会論文集』中国・西泠印社、2003年
  18. ^ 「金印蛇紐『漢委奴国王』に関する管見」『東洋研究』第179号、大東文化大学東洋研究所、2011年
  19. ^ 王育徳「中国の方言」方言史『中国文化叢書1 言語』 大修館書店、1967年
  20. ^ 坂井健一『魏晋南北朝字音研究―経典釈文所引音義攷』 汲古書院、1975年
  21. ^ 久米雅雄『日本印章史の研究』 雄山閣、2004年
  22. ^ 久米雅雄「国宝金印『漢委奴国王』の読み方と志賀島発見の謎」『立命館大学考古学論集 IV』 立命館大学、2005年、55-68頁
  23. ^ 久米雅雄「国宝金印の読み方」『月刊書道界』2009年8月号、藤樹社
  24. ^ 西嶋 1994, p. 87.
  25. ^ 西嶋 1994, p. 88.
  26. ^ 西嶋 1994, p. 52 - 54.
  27. ^ 西村昌也「ベトナム形成史における“南”からの視点 考古学・古代学からみた中部ベトナム(チャンパ)と北部南域(タインホア・ゲアン地方)の役割」4.2章「『晉帰義叟王』印と大隋九真郡寶安道場之碑文」 2012年3月1日
  28. ^ 三浦佑之『金印偽造事件―「漢委奴國王」のまぼろし』 幻冬舎新書、2006年 ISBN 4-344-98014-X
  29. ^ 志賀島「金印」に偽造説再燃 地元の反応は複雑、asahi.com、2007年3月3日
  30. ^ 第267回活動記録、邪馬台国の会、2008年3月30日
  31. ^ 久米雅雄 「大阪府立近つ飛鳥博物館所蔵駝紐銀印『晋善羌中郎将』印とその史的周辺」『大阪府立近つ飛鳥博物館 館報7』2002年8月30日
  32. ^ 安本美典 「奇怪な印譜『宜和集古印史』 「親魏倭王」「漢委奴国王」をめぐる真贋論争」『季刊 邪馬台国』120号、2014年1月、pp.27-57。
  33. ^ 中村直勝(1890年 - 1976年)は中世荘園史、南北朝史、古文書学の研究で知られる日本史学者。
  34. ^ 『謎の七支刀―五世紀の東アジアと日本』 中公文庫1992年、18頁 ISBN 4-12-201869-2
  35. ^ 『「漢委奴國王」金印・誕生時空論』 雄山閣2010年ISBN 978-4-639-02117-9




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「漢委奴国王印」の関連用語

1
96% |||||

2
58% |||||

3
58% |||||

4
52% |||||

5
52% |||||


7
34% |||||

8
30% |||||

9
18% |||||

10
16% |||||

漢委奴国王印のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



漢委奴国王印のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの漢委奴国王印 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS