春小麦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 食品 > 小麦 > 春小麦の意味・解説 

コムギ

(春小麦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 08:24 UTC 版)

コムギ(小麦、英: Wheat)はイネ科コムギ属に属する一年草植物。一般的にはパンコムギ学名: Triticum aestivum)を指すが、広義にはクラブコムギ(学名: Triticum compactum)やデュラムコムギ(学名: Triticum durum)などコムギ属(学名: Triticum)の植物全般を指す。世界三大穀物のひとつで、小麦粉にされパン麺類菓子などの主な材料となる。


注釈

  1. ^ 総輸出量と総輸入量が等しくならないのは、輸送に要する時間が原因である。

出典

  1. ^ 「新訂 食用作物」p175 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  2. ^ 岡田哲(編) 『コムギの食文化を知る事典』東京堂出版、2001年、26頁。ISBN 4-4901-0573-8 
  3. ^ 小麦の栄養と機能”. 日清製粉グループ. 2020年1月30日閲覧。
  4. ^ 商品情報/小麦ふすま”. 日本製粉. 2018年9月23日閲覧。
  5. ^ “コムギゲノム解読が完了 農研機構など610機関”. 日本経済新聞 朝刊: サイエンス面. (2018年9月16日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO35376020U8A910C1MY1000/ 2018年9月23日閲覧。 
  6. ^ 「新訂 食用作物」p142-143 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  7. ^ 「新訂 食用作物」p144 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  8. ^ 古賀登 『両税法成立史の研究』雄山閣、2012年、198頁。ISBN 978-4-6390-2208-4 
  9. ^ 南直人 『ヨーロッパの舌はどう変わったか 十九世紀食卓革命』講談社〈講談社選書メチエ〉、1998年、54頁。ISBN 4-0625-8123-X 
  10. ^ ブリュノ・ロリウー 『中世ヨーロッパ 食の生活史』吉田春美(訳)、原書房、2003年、57-58頁。ISBN 4-5620-3687-7 
  11. ^ 石坂昭雄、壽永欣三郎、諸田實、山下幸夫 『商業史』有斐閣〈有斐閣双書〉、1980年、123頁。ISBN 4-6410-5617-X 
  12. ^ 「新訂 食用作物」p174 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  13. ^ 「新訂 食用作物」p144-145 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  14. ^ 「新訂 食用作物」p145 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  15. ^ a b 加藤鎌司「コムギが日本に来た道」(所収:佐藤洋一郎(編著)、加藤鎌司(編著) 『麦の自然史 人と自然が育んだムギ農耕』北海道大学出版会、2010年、113-115頁。ISBN 978-4-8329-8190-4 
  16. ^ 国分牧衛 『食用作物』(新訂)養賢堂、2010年、145頁。ISBN 978-4-8425-0473-5 
  17. ^ a b 吉田宗弘. “うどん類の歴史と分類”. 関西大学. 2020年11月8日閲覧。
  18. ^ 2012 Great American Beer Festival selects the best beer in the USA: Beer Styles”. greatamericanbeerfestival.com. 2013年6月12日閲覧。
  19. ^ 「新訂 食用作物」p171 国分牧衛 養賢堂 2010年8月10日第1版発行
  20. ^ FAOSTAT”. FAOSTAT. Food and Agriculture Organization of the United Nations. 2007年10月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年10月20日閲覧。
  21. ^ a b c 矢野恒太記念会(編) 『日本国勢図会』(2014/15年版)矢野恒太記念会、2014年、164頁。ISBN 978-4-8754-9146-0 
  22. ^ 麦の需給に関する見通し (PDF)”. 農林水産省 (2015年3月). 2016年10月19日閲覧。
  23. ^ a b c 宮嶋康彦 (2008年7月31日). “大規模農家の豊かさに隠れた開拓者精神と努力 「たった一晩」で数百万円の損害が出る繊細な作物との格闘”. 日経ビジネスオンライン (日経BP社). http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20080730/166712/ 
  24. ^ fao.org (FAOSTAT). “Countries by commodity imports (Wheat)”. 2021年9月6日閲覧。
  25. ^ fao.org (FAOSTAT). “Countries by commodity exports (Wheat)”. 2021年9月6日閲覧。
  26. ^ 消費者の部屋 こどもそうだん 豆・麦・いも 小麦はどこの国から輸入(ゆにゅう)されているのかおしえてください。”. 農林水産省. 2021年9月6日閲覧。
  27. ^ 重田勉、為季繁、小野栄介、輸入食糧協議会、アメリカ小麦連合会英語版編『アメリカの小麦』。1974年。
  28. ^ 日清製粉『小麦粉・小麦粉の価格のしくみ
  29. ^ 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局. 2012年12月17日閲覧。
  30. ^ “輸入麦の平成19年10月からの売渡価格について” (プレスリリース), 農林水産省, (2007年8月24日), オリジナルの2008年1月28日時点におけるアーカイブ。, https://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/250942/www.maff.go.jp/www/press/2007/20070824press_2.html 2007年12月21日閲覧。 
  31. ^ 主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律の施行に関する件 農林水産省告示第四百五十七号
  32. ^ 農林認定品種データベース”. 農林水産省アグリナレッジ. 農林水産省. 2011年2月24日閲覧。
  33. ^ 麦の品種別作付面積”. 図書館システム. 農林水産省. 2012年9月8日閲覧。
  34. ^ a b Celiac disease”. World Gastroenterology Organisation Global Guidelines (2016年7月). 2016年12月7日閲覧。
  35. ^ Definition and Facts for Celiac Disease”. The National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases, National Institutes of Health, US Department of Health and Human Services, Bethesda, MD (2016年). 2016年12月5日閲覧。


「コムギ」の続きの解説一覧




春小麦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

春小麦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



春小麦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコムギ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS