代言人とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 旧称 > 代言人の意味・解説 

代言人

読み方:ダイゲンニン(daigennin)

弁護士前身


代言人

収載図書森田思軒集 1
出版社大空
刊行年月2002.1
シリーズ名明治翻訳文全集 翻訳家


弁護士

(代言人 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/06 05:15 UTC 版)

弁護士(辯護士、べんごし)は、依頼を受けて法律事務を処理することを職務とする専門職である。




注釈

  1. ^ 判事・検事については「判事検事登用試験」、弁護士については「弁護士試験」であったが、1923年の「高等試験司法科」試験開始により試験制度は一元化された。
  2. ^ 弁護士法第3条2
  3. ^ 行政書士業界などでは、政治は司法に含まれない事などを理由に、定款や議事録の作成は行政書士登録が無ければ弁護士であっても作成不可との説もある
  4. ^ 弁護士法第4条、裁判所法第66条、司法試験法
  5. ^ 弁護士法第6条。行政官や学識経験者など、法曹資格を持たない者が任命される事があるため。
  6. ^ 弁護士法第5条
  7. ^ a b この規定によれば、司法試験に合格しても司法研修所に直ちに入所する義務はないことになる
  8. ^ 弁護士法/平成16年法律第9号附則第3条
  9. ^ 沖縄の弁護士資格者等に対する本邦の弁護士資格等の付与に関する特別措置法
  10. ^ 弁護士法第8条
  11. ^ 沖縄の復帰に伴う法務省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第3条により、沖縄の法令の規定により禁錮以上の刑に処せられた者も対象。刑法第34条の2により、刑期満了後に罰金以上の刑に処せられないで10年を経過した時は、欠格事由の対象外となる。
  12. ^ 日本弁護士連合会に登録されている弁護士数。なお弁護士として登録されている者を日本弁護士連合会では「正会員」と種別呼称している[7]。「正会員」以外の種別での登録では、「準会員」0名、「沖縄特別会員」8名、「外国特別会員」407名となっている《何れも2017年11月1日時点》[5]
  13. ^ 「東京弁護士会」・「第一東京弁護士会」・「第二東京弁護士会」の3弁護士会を総称して指す

出典

  1. ^ 「司法と経済」研究会に出席して(弁護士・川村明)ADR JAPAN
  2. ^ 『フランス法曹養成制度についての調査報告書』株式会社コングレ
  3. ^ スティーブン・ギャン 『青い目の「債権取り立て屋」奮闘記』 小学館、2001年2月。ISBN 978-4094052213
  4. ^ 弁護士職務基本規程
  5. ^ a b 日弁連の会員”. 日本弁護士連合会. 2017年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月11日閲覧。
  6. ^ a b 弁護士会別会員数(2017年11月1日現在) (PDF)”. 日本弁護士連合会 (2017年11月1日). 2017年11月11日閲覧。
  7. ^ 日本弁護士連合会(編著) 「1 弁護士人口」『弁護士白書 2016年版』(PDF) 日本弁護士連合会、2016年、30頁。全国書誌番号:01001786ISBN 978-4902873153
  8. ^ a b 日弁連新聞 第434号”. 日本弁護士連合会 (2010年3月1日). 2017年11月9日閲覧。 “当該ページ中程に掲載の『2009年懲戒請求事案集計報告』項を参照”
  9. ^ a b 国民生活センター調べ/『“正義の味方”はなぜ堕ちた ~急増する弁護士トラブル~』NHK追跡!AtoZ、2010年 9月。
  10. ^ パンダ剥製80万円で売却協力、弁護士懲戒処分 読売新聞 2011年7月6日 《2017年11月9日閲覧;現在はウェブアーカイブサイトarchive.is」内に残存(写真画像データ欠落)》
  11. ^ 無資格の知人が事務所運営、黙認の弁護士ら告発 読売新聞 2012年5月1日
  12. ^ 判決文偽造:弁護士、大阪地検特捜部が逮捕 毎日新聞 2015年10月1日 《2017年11月9日閲覧;現在はウェブアーカイブサイト「archive.is」内に残存》
  13. ^ 弁護士の着服、被害20億円超…後見人悪用も 読売新聞 2015年12月20日 《2017年11月9日閲覧;現在はウェブアーカイブサイト「archive.is」内に残存》
  14. ^ 河上和雄 『「正義」の作法』 講談社、1997年10月。全国書誌番号:98048409ISBN 978-4062640602
  15. ^ 弁護士「恥ずかしい」と反省する刑事訴訟法ミス 読売新聞 2011年5月2日 《2017年11月9日閲覧;現在はウェブアーカイブサイト「archive.is」内に残存》
  16. ^ 債務整理事件処理の規律を定める規程 (PDF)”. 日本弁護士連合会 (2011年2月9日). 2017年11月18日閲覧。 “概要説明
  17. ^ 日弁連:債務整理の報酬に上限 トラブル多発で異例規程
  18. ^ 「東京地判平成6年12月16日」、『判例時報』第1562号、判例時報社、1996年6月11日、 141頁、 ISSN 0438-5888NDLJP:2795576
  19. ^ 河上和雄「弁護人の弁護活動の限界--東京高裁平成10.4.8判決本誌」、『判例時報』第1673号、判例時報社、1999年7月1日、 164-168頁、 ISSN 0438-5888NDLJP:2795686
  20. ^ 西川修一(プレジデント編集部) (2013年2月1日). “年収70万円以下? 客の金に手を出す貧乏弁護士の懐事情”. PRESIDENT Online. http://president.jp/articles/-/8359 2017年11月12日閲覧. "全2頁構成(→2頁目)" 
  21. ^ 新田龍(ブラック企業アナリスト) (2015年5月25日). “年収百万円台…食えない弁護士急増 借金&高額費用かけ超難関試験合格も仕事なし”. Business Journal(ビジネスジャーナル). http://biz-journal.jp/2015/05/post_10077.html 2017年11月12日閲覧. "全2頁構成(→2頁目)" 
  22. ^ 「弁護士のあり方」について--司法制度改革審議会 日弁連プレゼンテーション--全文 司法制度改革審議会・第28回会議配付資料(2000年8月29日)。
  23. ^ 「新人弁護士(第62期09年9月、12月登録開始)のキャリア形成をまとめた調査《宮澤節生・青山学院大学教授(当時)調べ》」、『AERA(アエラ)』第29巻第45号、朝日新聞出版、2016年10月17日、 12頁、 ISSN 0914-8833全国書誌番号:00067141。“2016年10月17日増大号。『「早稲田vs.慶應」~進撃のワセダ、不動の慶應』より”
  24. ^ 年間所得200万円も…弁護士はもはや負け組?ジャーナリスト 秋山謙一郎2018年04月05日 07時20分”. 2018年10月25日閲覧。
  25. ^ 2008年版弁護士白書-弁護士売上・所得経年比較
  26. ^ 平成16年サービス業基本調査”. 2013年2月1日閲覧。
  27. ^ 賃金構造基本統計調査”. 2013年2月1日閲覧。
  28. ^ なぜ弁護士会の会費は世界一高いのか?(黒猫のつぶやき)
  29. ^ 弁護士会「会費」の無理(元「法律新聞」編集長の弁護士観察日記)
  30. ^ 会費滞納退会命令三発。(PINE's page)


「弁護士」の続きの解説一覧



代言人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「代言人」の関連用語

1
弁護士 国語辞典
100% |||||

2
弁護人 国語辞典
100% |||||

3
56% |||||

4
52% |||||




8
32% |||||


10
32% |||||

代言人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



代言人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弁護士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS