渉外弁護士とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 渉外弁護士の意味・解説 

渉外弁護士

読み方:しょうがいべんごし

弁護士のうち、特に海外関与する案件取り扱う弁護士を指す表現渉外案件業務として扱う弁護士

渉外弁護士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/23 23:12 UTC 版)

渉外弁護士(しょうがいべんごし)とは、一般に、渉外案件(何らかの形で外国が関わる案件。特に広い意味での企業法務の案件)を業務として扱う弁護士をいう。公的な区分ないし資格があるわけではない。ただし、かつてはいわゆる四大法律事務所などが典型的な渉外事務所であったが、これらの法律事務所において国内案件の割合が増加した結果、渉外弁護士(ないし渉外事務所)という言葉の存在意義は失われつつある。




「渉外弁護士」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渉外弁護士」の関連用語

渉外弁護士のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



渉外弁護士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渉外弁護士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS