引用文とは? わかりやすく解説

引用

(引用文 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/13 15:09 UTC 版)

引用(いんよう、英語:citation, quotation[注 1])とは、広義には、自己のオリジナル作品のなかで他人の著作を副次的に紹介する行為、先人の芸術作品やその要素を副次的に自己の作品に取り入れること。報道や批評、研究などの目的で、自らの著作物に他の著作物の一部を採録したり、ポストモダン建築で過去の様式を取り込んだりすることを指す。狭義には、各国の著作権法の引用の要件を満たして行われる合法な無断転載[注 2]のこと。引用は権利者に無断で行われるもので、法(日本では著作権法第32条)で認められた合法な行為であり、権利者は引用を拒否することはできない[注 3]。権利者が拒否できるのは、著作権法の引用の要件を満たさない違法な無断転載等に限られる。本項では著作権法で認められる引用(狭義の引用)について記述する。


  1. ^ citationは他の参考文献を情報源として示すこと全般をいい、quotationはそのうち字句を一切変えずに行うものをいう。
  2. ^ 「転載等」とは、日本の著作権法では「転載し、又は放送し、若しくは有線放送し、若しくは当該放送を受信して同時に専ら当該放送に係る放送対象地域において受信されることを目的として自動公衆送信(送信可能化のうち、公衆の用に供されている電気通信回線に接続している自動公衆送信装置に情報を入力することによるものを含む。)」(第39条)のこと。
  3. ^ 違法なものを含めて無断引用と呼んで禁じる権利者もあるが、引用は適法な無断利用の一態様のことなので「無断引用」という言葉はあり得ない (北村 & 雪丸 2005, p. 5) 。
  4. ^ 「量」については、様々な意見・見解がある:(例)『Q&A 引用・転載の実務と著作権法』北村行夫、雪丸真吾編 中央経済社 2005年 ISBN 4-502-92680-9 の pp.177 - 182 「主従関係」の要件で躓くのはなぜか
  5. ^ 長い引用文の後、地の文として自身のコメントを少し載せるだけでは正当な引用にならない[6]
  6. ^ a b 転載等が禁止されていても、引用の要件を満たせば「引用」は可能である。
  7. ^ 放送・有線放送・「入力」による送信可能化による放送の同時再送信の場合は「受信機を用いた公の伝達」を含む。
  8. ^ 普通、どんなに書き直しても原文の創作性は残らざるをえない。



引用文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/20 08:43 UTC 版)

不安の概念」の記事における「引用文」の解説

「不安ほどの極度の拷問は、どんな宗教裁判所長でも用意しない。」(セーレン・キェルケゴール不安の概念』)

※この「引用文」の解説は、「不安の概念」の解説の一部です。
「引用文」を含む「不安の概念」の記事については、「不安の概念」の概要を参照ください。


引用文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 10:49 UTC 版)

「天」の記事における「引用文」の解説

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず云えり」 —-- 福沢諭吉、『学問のすすめ』(1872年) 「天下 仁に帰す。」 —-- 孔子、『論語』 「天壌無窮」 -- —『日本書紀』、「神代紀

※この「引用文」の解説は、「天」の解説の一部です。
「引用文」を含む「天」の記事については、「天」の概要を参照ください。


引用文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/08 04:17 UTC 版)

トイイズム」の記事における「引用文」の解説

これまでアーティスト達は、各々独自の意図作品中に表現してきた。さて、これからは、各自作品の構成構図始点として、特定のルールにしたがって二人アーティスト作品一つ作品として仕上がっていく事もありえるだろう。」 「私がさらに興味深く感じたことは、トイイズム現代的な感性である。自己中心に考え個人主義時代生きながらも、トイイスト達は彼らをアーティスト一集団としてとらえている。この事が、まさに彼らと他のアーティスト達との違いである。」 「基礎構造確立活動分野決定明確な合意到達するなど、一般に大事だ信じられているが、それとは対照的に取り決め厳し規定創作楽しさ創作課程妨げ必要はない。トイイスト達は、創作ゲーム中に活動分野境界線を知る事、そして創造的に制約処理しアーティスト自身創作ゲーム)から最高のもの引き出そう努力する事を熟知している。実際、それが彼らにとって大切ななのである。」 「アーティスト数え切れないほどいるが、先端をいく人はほんの一握りである。」

※この「引用文」の解説は、「トイイズム」の解説の一部です。
「引用文」を含む「トイイズム」の記事については、「トイイズム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「引用文」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「引用文」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「引用文」の関連用語

引用文のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



引用文のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの引用 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの不安の概念 (改訂履歴)、天 (改訂履歴)、トイイズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS