MOTとは?

MOT

読み方マネジメント・オブ・テクノロジーエム・オー・ティー
【英】:Management of Technology

技術にした事業展開。あるいは、顧客事業貢献する技術開発促進
直訳では、「技術マネジメント」と訳される。
顧客研究により顧客悩み課題理解し、自社コア技術認識活用し、先んじた魅力ある新たな用途開発を行った結果事業貢献直接結び付けていこうとする活動

MOTの推進ためには、

 ・自社顧客未来顧客誰か
 ・顧客価値高めるためには何を供すべきなのか
 ・自社コア技術オリジナル技術とは何で、どう優れているのか
 ・顧客提供する形態としてどのようなものが最適
 ・技術事業マネジメントをどう進めれば自社適合するか

本質的な疑問クリアにし、具現化していかなければならない

MOT (マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)

資格区分 民間資格
資格概要取得方法 企業内で最も利用頻度の高いビジネス・アプリケーションソフトが、マイクロソフト社のオフィス製品ワードエクセルパワーポイントアクセスなど)です。MOT(マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)は、これらオフィス製品使い方などを教育指導するインストラクター向けの資格です。 資格試験は、オフィス製品の各製品・各バージョン実施されます。 MOTを新たに取得するためには、トレーナーとして必要な知識習得しているかどうか判断する「MOT Essentials」、「実技試験マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験)」、MOTトレーニングセンター主催セミナーTrain the Trainer for MOT」(初めてMOT資格を取得する場合のみ)を受験・受講する必要があります実技試験となるマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験は、MOT用合格ラインセクション分析の全項目で50%以上の正解)をクリアする必要があり、かなりハードルが高い資格試験です。
受験資格 MOT 規約同意していること、個人E-Mailアドレス(Hotmail などのフリーメール使用可。携帯電話などのアドレス使用不可)を所有していること。
受験料 MOUS試験(一般レベル1万290円、上級レベル1万2390円)、MOT Essentials (9450円)
合格率 公表
試験日程 MOT Essentials 、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験は随時実施Train the Trainer for MOTはトレーニングセンターにより異なるが、頻繁に実施されている。
試験会場 全国主要都市実施(MOT Essentials 、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験)
問い合わせ先 マイクロソフト社( http://www.microsoft.com/japan/partners/mtc/mot/)

*MOT Essentials、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト受験についての問い合わせ先 アール・プロメトリック社( http://it.prometric-jp.com/) ピアソンVUE( http://www.vue.com/japan/)

取得後の職業/活かせる仕事 有資格者パソコンスクール企業研修インストラクターオフィス製品を扱う企業内のユーザーサポート部門など、幅広く資格を生かすことができます

技術経営(MOT)

「技術経営」(MOT:Management of Technology)とは、技術力コアコンピタンスとする企業組織が、その事業持続的発展のために研究開発技術開発成果事業化に結びつけ、新たな経済的価値創出していくマネジメントのこと。あるいはそれを推進する学問的研究教育プログラムなどを指します。技術経営資源として戦略的効率的活用するためには、テクノロジーマネジメント双方精通した人材が必要であり、こうした技術経営(以下、MOT)人材育成が、わが国産業界においても喫緊の課題として浮上しています。

MOT

フルスペル:Microsoft Official Trainer
読み方エムオーティー

MOTとは、Microsoft認定する、トレーナーとしての能力評価する資格である。

MOTは、Microsoft製品における正し知識技術備えており、使用方法について指導教育が行えることを証明する日本独自の制度であった。企業内でのサポート部門や、コンピューター業界への転職などで特に有効とされた。

MOTの資格を得るには、知識習得を図るための「MOT Essentials」「実技試験 Microsoft Office Specialist」に加えインストラクターとしてのスキル習得する「Train the Trainer for MOT」といった3つの科目全て受講受験する必要があった。

なお、MOTの試験および認定2010年6月終了し、MCTMicrosoft Certified Trainerプログラムへと統合された。


参照リンク
MOT Expert - (Microsoft
情報と社会のほかの用語一覧
資格・試験:  MCSE  MOUS  MIDI検定  MOT  Microsoft Office Specialist  MCSE+Internet  MCP+Site Building

MOT

英語 Ministry of Transport

各国政府運輸省の略称をいう。例えば、日本の旧運輸省(現在は国土交通省)やカナダ運輸省などである。ただし、アメリカDOTといい、イギリスでは旧称DTPといっていたが、現在はDETR呼ばれる

参照 DETRDOT
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

Mot

名前 モティエ

MOT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/08/01 06:43 UTC 版)

MOT




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MOT」の関連用語

MOTのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



MOTのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMOTの記事を利用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMOT (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS