マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 資格辞典 > マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーの意味・解説 

MOT (マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)

資格区分 民間資格
資格概要取得方法 企業内で最も利用頻度の高いビジネス・アプリケーションソフトが、マイクロソフト社のオフィス製品ワードエクセルパワーポイントアクセスなど)です。MOT(マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー)は、これらオフィス製品使い方などを教育指導するインストラクター向けの資格です。 資格試験は、オフィス製品の各製品・各バージョン実施されます。 MOTを新たに取得するためには、トレーナーとして必要な知識習得しているかどうか判断する「MOT Essentials」、「実技試験マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験)」、MOTトレーニングセンター主催セミナーTrain the Trainer for MOT」(初めてMOT資格を取得する場合のみ)を受験・受講する必要があります実技試験となるマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験は、MOT用合格ラインセクション分析の全項目で50%以上の正解)をクリアする必要があり、かなりハードルが高い資格試験です。
受験資格 MOT 規約同意していること、個人E-Mailアドレス(Hotmail などのフリーメール使用可。携帯電話などのアドレス使用不可)を所有していること。
受験料 MOUS試験(一般レベル1万290円、上級レベル1万2390円)、MOT Essentials (9450円)
合格率 公表
試験日程 MOT Essentials 、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験は随時実施Train the Trainer for MOTはトレーニングセンターにより異なるが、頻繁に実施されている。
試験会場 全国主要都市実施(MOT Essentials 、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト試験)
問い合わせ先 マイクロソフト社( http://www.microsoft.com/japan/partners/mtc/mot/)

*MOT Essentials、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト受験についての問い合わせ先 アール・プロメトリック社( http://it.prometric-jp.com/) ピアソンVUE( http://www.vue.com/japan/)

取得後の職業/活かせる仕事 有資格者パソコンスクール企業研修インストラクターオフィス製品を扱う企業内のユーザーサポート部門など、幅広く資格を生かすことができます


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マイクロソフト・オフィシャル・トレーナー」の関連用語

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典

©2020 Weblio RSS