コヒーレントとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 論理 > 論理学 > コヒーレントの意味・解説 

コヒーレント [4][2] 【coherent】

〘論〙 整合性論理的一貫性などの意を表す語。
〘物〙(波動などが)互いに干渉し合う性質をもつことを表す語。干渉可能な。

コヒーレント(Coherent)

光は波長極めて短い電磁波一種である。しかし通常我々の目にする光はラジオテレビ電波大きく性質異なっている。即ちラジオテレビ電波はその周波数位相波面がきれいに揃った波であるのに対し、電燈などのひかりはそれらがバラバラであり一種雑音のようなものとみなせる。ところがこれら周波数位相波面がきれいに揃った光をコヒーレントであるという。光通信使用するレーザダイオードの光は、完全ではないがかなりコヒーレント性の高い光である。

コヒーレンス (曖昧さ回避)

(コヒーレント から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/03 05:07 UTC 版)

コヒーレンス





コヒーレントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コヒーレント」の関連用語

コヒーレントのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コヒーレントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
住友電工デバイス・イノベーション株式会社住友電工デバイス・イノベーション株式会社
(C) 2019 Sumitomo Electric Industries, Ltd.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコヒーレンス (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS