川崎病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > 疾患 > 川崎病の意味・解説 

川崎病

読み方:かわさきびょう
別名:小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群

小児科医川崎富作発見した、主に4歳以下の乳幼児がかかる病気発熱発疹充血などの症状急性の症状として表れる1960年代発見された病気だが、病因2011年現在もはっきりと特定されていない

川崎病にかかる例はアジア地域に多いとされる日本でも年に数千人の乳幼児罹患しているとされる日本川崎病研究センター2011年12月発表した調査報告によれば2010年国内の川崎病患者1万2700名を上回ったという。罹患率10万人あたり239人と、記録過去最高となっている。

2012年1月NHKニュース報道によると、厚生労働省研究班が川崎病に対して免疫グロブリンと共にステロイド使用した治療を行うことで、後遺症の残る例を減らすことができることを発表した。

関連サイト
日本川崎病研究センター
「川崎病」に新たな治療法 - NHKニュース 2012年1月30日閲覧

川崎病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/10 07:10 UTC 版)

川崎病(かわさきびょう、: Kawasaki disease, KD)は、日本小児科医川崎富作によって1960年代に発見された[1]、主に乳幼児がかかる発熱疾患[2]病気)である。突然の高熱が数日続き、目や唇の充血、身体の発疹、手足の発赤(=赤くなること)、首リンパ節の腫脹など様々な症状を惹き起こす[2]小児急性熱性皮膚粘膜リンパ節症候群: MucoCutaneous Lymph-node Syndrome, MCLS)とも言われるが、世界的に「川崎病 (KD)」と呼ばれるのが一般的である。


  1. ^ a b c d e 「川崎病 新型コロナで注目/発熱・発疹…欧米で子どもに類似症状 日本人が発見、免疫系が暴走?」日本経済新聞』朝刊2020年6月5日(ニュースな科学面)同日閲覧
  2. ^ a b c d 三浦 2019, p. 1.
  3. ^ a b c 三浦 2019, p. 2.
  4. ^ 和田力光, 後藤靖「乾癬様皮疹を示した川崎病の1例」『皮膚』 Vol.43 (2001) No.2 p.93-96, doi:10.11340/skinresearch1959.43.93
  5. ^ 手代木正、若林恒郎, 「川崎病の臨床像」『日本医科大学雑誌』 Vol.52 (1985) No.3 P342-346_1, doi:10.1272/jnms1923.52.342
  6. ^ a b c d 三浦 2019, p. 3.
  7. ^ 川崎病の罹患率「史上最高」はなぜ? 日経メディカル オンライン 記事:2010年5月10日 閲覧:2010年5月11日
  8. ^ 村田久雄, 飯島肇, 直江史郎「カンジダの菌体抽出物によるマウスの実験的冠状動脈炎に関する研究 第1報」『真菌と真菌症』1979年 20巻 3号 p.214-219, doi:10.3314/jjmm1960.20.214
  9. ^ 山浦昇, 秋山武久「コッホの postulates と川崎病のA群溶連菌感染症説 : II.川崎病をA群溶連菌による感染症と考えたい」『北里医学』20巻 1号 p.6-12, 1990-02-28, NAID 110004704558
  10. ^ 臼井大介, 石井良樹, 赤池洋人 ほか「川崎病の診断基準を満たし, 播種性血管内凝固を合併したYersinia pseudotuberculosis 4a感染症の1例」『感染症学雑誌』2005年 79巻 11号 895-899頁 doi:10.11150/kansenshogakuzasshi1970.79.895
  11. ^ “川崎病、複数細菌原因か…抗菌薬で治療成功”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年11月17日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091117-OYT1T00758.htm 2009年11月17日閲覧。 
  12. ^ Nagata, Satoru; et.al. (2009). “Heat shock proteins and superantigenic properties of bacteria from the gastrointestinal tract of patients with Kawasaki disease”. Immunology 128 (4): p.p.511-520. doi:10.1111/j.1365-2567.2009.03135.x. 
  13. ^ 川崎病の病原因子は風に運ばれてくるのか Infectious disease: Causal agent of Kawasaki disease may be wind-borne Scientific Reports, 記事:2011年11月11日 閲覧:2011年11月11日
  14. ^ 国際研究チーム、川崎病の原因をほぼ特定」ScicnceNewsLine 2014年5月19日
  15. ^ 川崎病、中国からの風が関与か…原因物質運ぶ?」『読売新聞』2014年5月20日
  16. ^ 川崎病、中国からの菌類が原因か 自治医大など国際チーム共同通信2014年5月20日
  17. ^ 川崎病の原因物質 中国東北部から飛来かしんぶん赤旗』2014年5月20日
  18. ^ a b c d e f 団藤保晴「川崎病の流行ピークと中国農業改革の節目が一致」Yahoo!Japanニュース
  19. ^ 川崎病の発症に関わる「ORAI1遺伝子の多型」を発見-日本人に多い遺伝子多型が関与-”. 理化学研究所 (2016年1月21日). 2017年2月18日閲覧。
  20. ^ NEWS◎日本川崎病学会による緊急アンケート速報 川崎病症状を伴うCOVID-19、日本では認めず 日経メディカルホームページ(2020年5月8日)2020年6月6日閲覧
  21. ^ 川崎病急性期治療のガイドライン(平成24年改訂版)
  22. ^ Kobayashi T, et al. Efficacy of immunoglobulin plus prednisolone for prevention of coronary artery abnormalities in severe Kawasaki disease (RAISE study): a randomised, open-label, blinded-endpoints trial. Lancet 2012;379(9826):1613-20. doi:10.1016/S0140-6736(11)61930-2
  23. ^ 川崎病急性期治療のガイドライン
  24. ^ Hamada H, and others. Efficacy of Primary Treatment With Immunoglobulin Plus Ciclosporin for Prevention of Coronary Artery Abnormalities in Patients With Kawasaki Disease Predicted to Be at Increased Risk of Non-Response to Intravenous Immunoglobulin (KAICA): A Randomised Controlled, Open-Label, Blinded-Endpoints, Phase 3 Trial. Lancet 2019;393 (10176):1128-1137.


「川崎病」の続きの解説一覧



川崎病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「川崎病」の関連用語

川崎病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



川崎病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川崎病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS