クロアチア共和国とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 世界のコイン一覧 > クロアチア共和国の意味・解説 

クロアチア【Croatia】


クロアチア共和国

クロアチア共和国
Republic of Croatia
通貨単位クーナリパ
Croatian Kuna / Lipa
1クーナ=100リパ
マップ
5 クーナ (2001)
2 クーナ (1996)
1 クーナ (1996)
50 リパ (1993)
20 リパ (1999)
10 リパ (1999)

クロアチア

(クロアチア共和国 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/20 18:23 UTC 版)

クロアチア共和国(クロアチアきょうわこく、Republika Hrvatska)、通称クロアチアは、東ヨーロッパバルカン半島に位置する共和制国家である。首都はザグレブ




注釈

  1. ^ a b クロアチア共和国憲法クロアチア語版英語版第12条で明確に定められている。
  2. ^ セルビア系住民の大半は投票をボイコットした。
  3. ^ 当時はイギリスも加盟していたため。2020年1月のブレグジットにより、参加国数は27カ国となった。

出典

  1. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2014年11月23日閲覧。
  2. ^ 石田信一. “旧ユーゴスラヴィア諸国と第二次世界大戦をめぐる歴史認識”. ヨーロッパ統合と国民国家の歴史認識. 地域研究コンソーシアム. 2020年3月23日閲覧。
  3. ^ クロアチア、来月22日に大統領選実施へ”. ロイター (2019年11月14日). 2019年11月14日閲覧。
  4. ^ クロアチア総選挙 野党連合が過半数の勢い 朝日新聞 2011年12月5日
  5. ^ クロアチア・スロベニア:バルカン2国で政権交代決まる 欧州債務危機影響 毎日新聞 2011年12月6日
  6. ^ “クロアチアがEU加盟、28カ国体制に バルカン半島安定に前進”. 産経新聞. (2013年7月1日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/130701/erp13070107390001-n1.htm 2013年7月1日閲覧。 
  7. ^ クロアチアシェンゲン協定加盟国として承認
  8. ^ 『地球の歩き方、クロアチア スロベニア』(ダイヤモンド・ビッグ社、2011年)
  9. ^ "Auto Karte Trsat, Hrvatska" (Trsat Polo d.o.o., 2012)
  10. ^ 内閣府による県民経済計算 (PDF)
  11. ^ [1] 在クロアチア日本国大使館公式サイトにおける大使の挨拶、2014年12月22日閲覧。
  12. ^ Obiteljski zakon (Family Law), CROATIAN PARLIAMENT, 2015.
  13. ^ 『Lonely Planet, Croatia』 (Lonely Planet Publications, 2011)
  14. ^ http://www.arcmusic.co.uk




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クロアチア共和国」の関連用語

クロアチア共和国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クロアチア共和国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
WorldCoin.NetWorldCoin.Net
Copyright 2021, WorldCoin.Net All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロアチア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS