竹山ひとり旅とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > 竹山ひとり旅の意味・解説 

竹山ひとり旅

原題:
製作国:日本
製作年:1977
配給:独立映画センター
スタッフ
監督:新藤兼人 シンドウカネト
製作:高嶋進 タカシマススム

佐藤貞樹 

能登節雄 ノトセツオ

赤司学文 
脚本:新藤兼人 シンドウカネト
撮影:黒田清巳 クロダセイキ
音楽:林光 ハヤシヒカリ
美術:大谷和正 
編集:近藤光雄 コンドウミツオ
録音:東京映画映像部 
スクリプター:城田孝子 
助監督:小松崎和男 コマツザキカズオ
照明:岡本健一 オカモトケンイチ
キャスト(役名
高橋竹山 タカハシチクザン (高橋竹山
林隆三 ハヤシリュウゾウ (定
乙羽信子 オトワノブコ (トヨ(母))
金井大 カナイダイ (定吉(父))
倍賞美津子 バイショウミツコ (フジ第二の妻))
島村佳江 シマムラヨシエ (ユミ江(第一の妻))
観世栄夫 カンゼヒデオ (戸倉重太郎竹山の師))
根岸明美 ネギシアケミ (妻・タミ
川谷拓三 カワタニタクゾウ (泥棒の仙太)
戸浦六宏 トウラロクヒロ (飴売り彦市
殿山泰司 トノヤマタイジ (作兵衛
川口敦子 カワグチアツコ (妻・お時)
佐藤慶 サトウケイ (成田竹)
絵沢萠子 エザワモエコ (札売りの女)
森塚敏 モリツカビン (豪農旦那
小松方正 コマツホウセイ (後藤右衛門浪曲師))
緋多景子  (おちか姿さん(浪曲三味線))
佐々木すみ江 ササキスミエ (北海道木賃宿女中
織本順吉 オリモトジュンキチ (その主人
市川竹女  (函西ひで子)
梅津栄 ウメヅサカエ (芝居小屋主
浦辺粂子 ウラベクメコ (寺の大黒さん)
初井言栄 ハツイコトエ (農家婆さん
島田順司 シマダジュンジ (山岸先生
赤井誠子  (恐山巡礼
高橋竹与  (女芸人
松田春翠 マツダシュンスイ (映画館弁士
神田時枝 カンダトキエ (産婆
大山豊  (医者
伊佐山ひろ子 イサヤマヒロコ (富子)
藤村有弘 フジムラアリヒロ (校長
吉田さより ヨシダサヨリ (瀬川道子
大泉滉 オオイズミアキラ (郵便配達夫)
七五三木猛明  (定少年時代
若井政文  (十五になった定
解説
津軽三味線名人高橋竹山苦難半生中心に自ら、放浪芸人名乗る若き日竹山を描く。脚本監督は「ある映画監督の生涯 溝口健二の記録」の新藤兼人撮影は「不毛地帯」の黒田清巳それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
高橋竹山本名は定明治四十三年六月十七日生まれ。母トヨ、父定吉。定三歳時に麻疹こじらせ、半失明。この年は東北地方大兇作で、母の必死看病もかなわなかった。定は、他の子供たちと同じ様に勉強ができないため、小学校途中で退学十五歳になった時、行く末を心配した母により、隣村のボザマ戸田重太郎弟子として住み込む。彼は、ボザマから三味線と唄を習った。そして、青森秋田北海道などをまわった十七歳の時、独立青森十日町に、社会底辺生きる芸人貧しさ中にも明る生きる人々がいた。定はそこで、多く友人を得た。定は、船小屋寝たり、山の中の小屋寝たり三味線があるから独りでも、寂しくはなかった。そして、彼はひとりの時はかならず、三味線練習をするのであった。こうして、定三味線は、貧しさたたかい生きつづけるなかで、しだいにきたえられていった。母はそんな彼の姿を見てひそかに、涙をながした。そのうち八戸盲唖学校入学。そして、戦後二十五年、成田竹の伴奏者となって、竹山の号をもらった。時に竹山四十一歳であった。

竹山ひとり旅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/14 05:15 UTC 版)

竹山ひとり旅』(ちくざんひとりたび)は、1977年日本で公開された映画。製作は近代映画協会、ジァンジァン。






「竹山ひとり旅」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竹山ひとり旅」の関連用語

竹山ひとり旅のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



竹山ひとり旅のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竹山ひとり旅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS