わが道とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 映画情報 > わが道の意味・解説 

わが道

原題:
製作国:日本
製作年:1974
配給:
スタッフ
監督:新藤兼人 シンドウカネト
製作:高島道吉 タカシマミチヨシ

佐藤不器 

能登節雄 ノトセツオ

赤司学文 
脚本:新藤兼人 シンドウカネト
撮影:黒田清巳 クロダセイキ
音楽:林光 ハヤシヒカリ
美術:大谷和正 
編集:近藤光雄 コンドウミツオ
録音:西尾昇 ニシオノボル
スクリプター:小松崎和男 コマツザキカズオ
ナレーション:宇野重吉 ウノジュウキチ
助監督:小松崎和男 コマツザキカズオ
照明:岡本健一 オカモトケンイチ
キャスト(役名
乙羽信子 オトワノブコ (河村ミノ
殿山泰司 トノヤマタイジ (河村芳造)
戸浦六宏 トウラロクヒロ (斉藤
金井大 カナイダイ (河村清)
河原崎長一郎 カワラサキチョウイチロウ (小早川由美)
初井言栄 ハツイコトエ (由美の母)
森塚敏 モリツカビン (河村留吉)
東恵美子 アズマエミコ (河村クメ
小鹿ミキ コジカミキ (河村美子
佐藤英夫 サトウヒデオ (河村五郎
横沢祐一 ヨコザワユウイチ (花田吉三)
潮田昌枝  (花田悦子)
佐藤慶 サトウケイ (小出署長
原田清人  (津島課長
梅津栄 ウメヅサカエ (橋本警部補
中田浩二 ナカタコウジ (田辺部長
織本順吉 オリモトジュンキチ (山田巡査部長
江角英明 エスミヒデアキ (大藤士長
伊丹十三 イタミジュウゾウ (高木医師
富山真沙子  (岩山看護婦
藤村有弘 フジムラアリヒロ (矢部事務員
松橋登 マツハシノボル (星竹夫)
森本レオ モリモトレオ (権藤医師
大泉滉 オオイズミアキラ (浜口
松山照夫 マツヤマテルオ (出口警官
山内明 ヤマウチアキラ (海名)
絵沢萠子 エザワモエコ (中野タマヨ
横山リエ ヨコヤマリエ (咲子
井上博一 イノウエヒロカズ (咲子亭主
河原崎次郎 カワラザキジロウ (森川先生
杉浦悦子 スギウラエツコ (森川先生の妻)
若宮大佑 ワカミヤタイユウ (葬儀屋
小沢栄太郎 オザワエイタロウ (医大教授
堀内正美 ホリウチマサミ (原告弁護士
明石勤 アカシツトム (原告弁護士
辻萬長 ツジカズナガ (原告弁護士
岡田英次 オカダエイジ (被告弁護士
松下達夫 マツシタタツオ (被告弁護士
渡辺文雄 ワタナベフミオ (被告弁護士
解説
青森出身出稼者が東京行き倒れ身元不明人として勝手に医大解剖実験材料にされた事件裁判闘争記録「ある告発--出稼ぎ裁判記録」(佐藤不器風見編者)の映画化である。脚本監督は「心」の新藤兼人撮影同作黒田清巳それぞれ担当。(ワイド・フジカラー)
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
青森十和田寒村。夫の出稼ぎ中に不貞に走った妻、火事起こした際、わが子よ先に大金で買った牛を救出した主婦、母とともに売春する中学生女の子等々出稼ぎ者の留守に起こる悲劇はあとをたたない…。河村ミノその一人である。昭和41年10月9日朝、ミノの夫、河村芳造(当時64歳)は、出稼ぎ先の東京品川区東大井通称産業道路”上にホウキを持った作業服姿にヘルメットをかぶり倒れていた。発見した通行人連絡ですぐ京浜中央病院に運ばれた。栄養失調過労による肺炎診断された芳造は牛乳パンを食べた。この日は休日で、病院には完全看護体制がないという理由で、午後11時頃、芳造は都立民生病院に移されたが、間もなく午前3時急死した。死因は「冠状動脈硬化症ということだった。すっかりとだえた音信身の上案じミノは、十和田警察署家出人捜索願い出した。42年7月5日ミノ十和田署で行き倒れで死んだ人の写真帳中に、夫の顔を見つけた。夫が死亡して九ヵ月目に、ミノ上京した。遺体お骨にして届ける、という慈恵医大に対してミノ即刻遺体引き渡し要求した。医大側はあわてて遺体渡したが、それは原形をとどめないひどいものであった…。夫のふにおちない行方不明、名前を名乗り身元証明する所持品を持っていたにもかかわらずおざなりに扱われたミノ怒り。やがてミノは、国民救援十和田支部斎藤事情訴え、二ヵ月後、再び上京して事件を扱った大井警察署港区役所を訪ね疑問一つ一つ聞いていったが、関係官庁不誠実な仕うちだけが返ってきた・昭和44年7月15日ミノ東京地裁民事三五部に、国、東京都港区青森県相手どって慰謝料百万円を請求する訴訟起こした。十和田国民救援会、青年法律家協会若手弁護士並々ならぬ支援があった。国民権利保障する憲法が、それを最も尊重し、擁護する義務有する政府及び公務員によって無視された実態を、一出稼ぎ労働者の妻が告発した、いわゆる出稼ぎ憲法裁判であった。法廷で裁判が進むにつれ、関係諸官庁の不誠意次々と明るみに出された。やがてミノ闘争は、全国二百万人出稼ぎ労働者と、その家族の生命人権を守るための闘争へと拡大ていった。「河村ミノさんを守る会」の支援大きな力になった。昭和46年12月13日裁判勝利した。ミノ執念が、国を相手どって勝ったのだ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「わが道」の関連用語

わが道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



わが道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのわが道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS