やりがい搾取とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人事労務用語 > やりがい搾取の意味・解説 

やりがい搾取

「やりがい搾取」とは、労働者が、金銭による報酬代わりにやりがい”という報酬強く意識せられることで、賃金抑制常態化したり、無償長時間労働奨励されたりする働きすぎの組織風土取り込まれ、自覚のないまま労働搾取されている状態をいいます。教育社会学者東京大学教授本田由紀氏は、すすんで仕事にのめり込み充実感自己実現得ているように見え若年労働者が、実際経営者側がしかけた、より少な対価雇用安定性賃金)で最大労働効率引き出すための巧妙からくりにより、ワーカホリックへと突き動かされていると分析し、こうした搾取構造を「やりがい搾取」と名づけました。

やりがい搾取

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/30 04:22 UTC 版)

やりがい搾取(やりがいさくしゅ)とは、経営者が金銭による報酬の代わりに労働者に「やりがい」を強く意識させることにより、その労働力を不当に安く利用する行為をいう[1][2][3]東京大学教授で教育社会学者の本田由紀により名付けられた[1][3]


  1. ^ a b c 日本の人事部 やりがい搾取”. アイ・キュー (2016年9月28日). 2018年8月4日閲覧。
  2. ^ “あなたは「やりがい搾取」されていませんか? 悪用される「自己実現」という詭弁”. ダ・ヴィンチニュース. (2018年6月8日). https://ddnavi.com/review/464185/a/ 2018年8月4日閲覧。 
  3. ^ a b c d これって、やりがい搾取!?働きがいにつけ込まれないために”. 転職Hacks. クイック (2017年7月18日). 2018年8月4日閲覧。
  4. ^ あなたの仕事、本当はもっと高く売れます!やりがい搾取に遭わないために気をつけるべきこと”. URIDOKI. 2018年8月4日閲覧。
  5. ^ ブラック企業大賞2014 ノミネート企業11社とノミネート理由”. ブラック企業大賞企画委員会. 2018年8月4日閲覧。
  6. ^ 【速報】「ブラック企業大賞2014」はヤマダ電機が「大賞」。たかの友梨、すき家にも部門賞”. BLOGOS (2014年9月6日). 2018年8月4日閲覧。
  7. ^ a b “サボらないと死んでしまう!? A-1 Picturesの労災認定に見る、アニメ業界全体の労働環境改善の可能性”. エキサイトニュース. (2014年4月30日). https://www.excite.co.jp/News/anime_hobby/20140430/Otapol_201404__a_1_pictures.html 2018年8月4日閲覧。 
  8. ^ “「やりがい搾取」と依然批判受ける東京五輪のボランティア 悲惨な状況にならないように今から準備を”. @ニフティニュース. (2018年7月13日). https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-8961/ 2018年8月4日閲覧。 
  9. ^ “東京五輪まで2年/4 ボランティア、どう発掘”. 毎日新聞. (2018年7月26日). https://mainichi.jp/sportsspecial/articles/20180726/ddm/041/050/045000c 2018年8月4日閲覧。 
  10. ^ “五輪ボランティアやりがい搾取論やまず…組織委自ら体験”. 朝日新聞デジタル. (2018年5月14日). https://www.asahi.com/articles/ASL5G2C2XL5GUTQP001.html 2018年8月4日閲覧。 


「やりがい搾取」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「やりがい搾取」の関連用語

やりがい搾取のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



やりがい搾取のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2018 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのやりがい搾取 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS