突き出とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 突き出の意味・解説 

つき‐だし【突出】

〔名〕

突き出すこと。後ろから前の方へ出るようにすること。

ありのすさび(1895)〈後藤宙外〉二「当人の後へ廻り不意に衝(ツ)き出しを喰はせしことゆゑ、一溜もなく」

② 突き出ていること。また、突き出ているもの。でっぱり

暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「四条を渡った所に川へ突(ツ)き出(ダ)しを作った安値(あんちょく)な西洋料理屋がある」

江戸時代遊里で、禿(かぶろ)の時期を経ないで、一四、五歳の頃、すぐに遊女となって客に接すること。また、その遊女。後には、広く、はじめて遊女芸者となって客の前に出ることにもいう。突出女郎。つきいだし。

評判記色道大鏡(1678)一「十四五歳・十五六歳にて其家へ来り其儘傾城仕立出すを突出(ツキダ)しといへり」

料理屋などで、本料理前に出す小鉢物など。また、酒の肴となるちょっとしたつまみ。

酒肴むりもんだふ183044)「突出しの肴といふがごとし」

桐畑1920)〈里見弴〉二つの心上方風のうまいつき出(ダ)しで一杯始めながら」

(5) 物の突きはじめ。撞(つ)くことの最初

浮世草子好色二代男(1684)六「竹田の院の鐘も、突(ツキ)出しともに七つなれば、少しは心せはしきに」

(6) 相撲きまり手一つてのひら相手の胸や肩へ突き当て突っ張り相手土俵外へ出す技。

(7) 緡(さし)一本に一〇〇文貫いた、いわゆる刺し前に突き出すこと。つまり賭金前に積むこと。

洒落本一騎夜行(1780)二「壱匁迯何本突出(ツキタ)し」

(8) 点取俳諧で、点の掛からない句。

(9) (「付出」とも) 和船のみよし(船首材)の側面形状ふくらみをいう船大工のことば。特に関船小早のように、吃水線付近いちじるしく前方に突き出た感じ大きなふくらみをもつみよしにいう。

当流関船寸法書「つき出し巾、五に二寸九分掛、又は三寸、但しかき入は外にして」

(10) 指物(さしもの)の名。

武用弁略(安政再板)(1856)五「突出(ツキダシ)」


突き出

読み方:つきで

ダ行下一段活用動詞突き出る」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「突き出」の関連用語

突き出のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



突き出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS