ぼったくりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ぼったくりの意味・解説 

ぼっ‐たくり

《「ぼっ」は「ぼる」(暴利)から》法外な料金を取ること。力ずくで奪い取ること。ぶったくり


ぼったくり

ったくり[名] 物を高く売りつけること。「あそこの店はぼったくりだからやめた方がいいよ。」〈全〉

ぼツたくり

読み方:ぼったくり

  1. 巡査或は掠奪のこと。

ぼツたくり

読み方:ぼったくり

  1. 一般巡査。〔第二類 人物風俗

ぼツたくり

読み方:ぼったくり

  1. 途上通行人携帯金品掠奪スルヲ云フ。〔第三類 犯罪行為
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ぼったくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 05:02 UTC 版)

ぼったくりとは、法外な料金を取ること。力ずくで奪い取ること。ぶったくり。「ぼっ」は「ぼる」(暴利)から[1]


注釈

  1. ^ 一部の国や地域(オーストラリアなど)では合法化されている[5]。また日本では加盟店規約違反にもかかわらず、今なお横行している。
  2. ^ ぼったくりの語源である「暴利(ぼうり)」の言葉が生まれる要因となった事件である。

出典

  1. ^ デジタル大辞泉. “ぼったくり(ボッタクリ)とは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ 泥酔させ現金引き出させる 全国初の準詐欺容疑で女2人逮捕 神奈川新聞 2014年11月26日
  3. ^ 新宿 弁護士青島克行の歌舞伎町ぼったくり被害相談室
  4. ^ 特定商取引法ガイド 事例紹介 訪問販売
  5. ^ 海外でのご利用にあたって” (日本語). https://www.smbc-card.com/index.jsp. 三井住友カード. 2020年5月10日閲覧。


「ぼったくり」の続きの解説一覧

ぼったくり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/31 23:28 UTC 版)

民事介入暴力」の記事における「ぼったくり」の解説

暴力団関係者経営している風俗関連の飲食店いわゆるピンサロなど)で高額な料金要求するもの。店頭での料金表暗く見にくくしてあり、精算時に法外な料金請求する。金が無いなどと支払い渋ると、クレジットカードでの支払い要求したり、知り合い電話をかけさせ現金持参させたり、あるいは自宅まで付け馬集金のために同行)するなどと脅される。高額であっても料金請求自体直ち刑事処罰対象には見えないため、警察官介入をためらう。

※この「ぼったくり」の解説は、「民事介入暴力」の解説の一部です。
「ぼったくり」を含む「民事介入暴力」の記事については、「民事介入暴力」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ぼったくり」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ぼったくり」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぼったくり」の関連用語

ぼったくりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ぼったくりのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2022 by akaringo. All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのぼったくり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの民事介入暴力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS