Neoとは? わかりやすく解説

エヌ‐イー‐オー【NEO】

読み方:えぬいーおー

near earth object》⇒地球近傍天体


ネオ【NEO】

読み方:ねお

ジャスダック証券取引所平成19年2007)に開設した新興企業向けの株式市場平成22年201010月ジャスダック・ヘラクレス[二]統合ジャスダックNEO(ネオ)。→新興市場

[補説] NEOは「新しい」の意だが、New Entrepreneurs' Opportunity新し起業家たちの機会)またはNew Evaluation Opportunity新し評価機会)の略語でもある


ネオ【NEO】


ネオ【neo】

読み方:ねお

語素外来語の上に付いて新しいという意を表す。「—ロマンチシズム


新規、新しい

【英】Neo-
読み方:しんき、あたらし

新規新しいを意味する接頭語

新規、新しい

【英】Neo-
読み方:しんき、あたらし

新規、新しいを意味する接頭語

Neo

名前 ネオ

NEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 05:35 UTC 版)

NEO(エヌイーオー、ネオ、ニーオ)




「NEO」の続きの解説一覧

ネオ

(Neo から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/23 09:44 UTC 版)

ネオ (Neo) は、ギリシア語で「新しい」を意味するである。主に接頭辞として使われる。英語では、「復活〜」などの意味をもつ。




「ネオ」の続きの解説一覧

NEO(ネオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 08:39 UTC 版)

勇者王ガオガイガーFINAL」の記事における「NEO(ネオ)」の解説

国連下部組織次世代環境機関。本来は地球環境研究機関であったが、人体環境の方適応させる実験手を染め問題起こした

※この「NEO(ネオ)」の解説は、「勇者王ガオガイガーFINAL」の解説の一部です。
「NEO(ネオ)」を含む「勇者王ガオガイガーFINAL」の記事については、「勇者王ガオガイガーFINAL」の概要を参照ください。


NEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 08:03 UTC 版)

トリコ」の記事における「NEO」の解説

透影(とかげ)(捕獲レベル295)【幻獣類】 読者投稿猛獣ジョアがクッキングスタジアムに現れた際に乗り物にしていた、非常に長い胴体を持つ黒いトカゲのような生物体の形円盤状変化させて飛ぶことが出来る他、人の影中に入り込んだり回収する事も可能。

※この「NEO」の解説は、「トリコ」の解説の一部です。
「NEO」を含む「トリコ」の記事については、「トリコ」の概要を参照ください。


NEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 23:52 UTC 版)

カウンターストライク」の記事における「NEO」の解説

軍需産業医療中心とした企業群が次々と他の企業併呑した、世界規模の超巨大企業全世界貧困街等を買収し、これを統治して人々羨望集めていた。だが、自社製生体機械存在発覚、それによる世界各国介入から逃れるべく、自分の勢力下都市閉鎖するそのことから、NEOが全世界貧困街等を買収したのは、現在よりも格差広がっている社会のなかでの「弱者救済としての一面もあったが、それ以上に生体機械実験も兼ねていたものと思われる[要出典]。軍需産業でもある為、開戦当初圧倒的な技術力軍事力CSF圧倒していたときもあった。

※この「NEO」の解説は、「カウンターストライク」の解説の一部です。
「NEO」を含む「カウンターストライク」の記事については、「カウンターストライク」の概要を参照ください。


NEO(ネオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:21 UTC 版)

日産自動車」の記事における「NEO(ネオ)」の解説

1990年代後半から。「Nissan Ecology Oriented performance」の頭文字取り、英語の接頭辞で「新しい」という意味の"neo"ともかけている。 「NEOストレート6」(この時期に設計一新したRBエンジン)、「NEO Di」(直噴エンジン)、「NEO VVL」(可変バルブ機構)といったバリエーションがあり、これらはエンジン形式後ろに「NEO」が付く。

※この「NEO(ネオ)」の解説は、「日産自動車」の解説の一部です。
「NEO(ネオ)」を含む「日産自動車」の記事については、「日産自動車」の概要を参照ください。


NEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 01:10 UTC 版)

デジモンネクスト」の記事における「NEO」の解説

デジタルワールド革命を起こす鍵。バルバモン曰く次世代の超デジモンと言われていたが、実際はデジタルモンスターを超えた「未来そのものである。

※この「NEO」の解説は、「デジモンネクスト」の解説の一部です。
「NEO」を含む「デジモンネクスト」の記事については、「デジモンネクスト」の概要を参照ください。


NEO (1期)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 03:08 UTC 版)

鉄神ガンライザーNEO」の記事における「NEO (1期)」の解説

鉄神ガンライザーによって倒されたはずの羅刹王ヒデージャが若返って復活不来方ジョーこずかた-)がガンライザー変身して戦うも破れ、石にされてしまう。 唯一逃げ延び姫神結(ひめかみゆい)は鬼の血をひく青年日高アラタ(ひたかみ-)を探し出しジョーお守り変身するよう懇願するアラタ戸惑いつつも、お守りを天にかざして鉄神ガンライザーNEO変身羅刹王ヒデージャと戦う道を選ぶ

※この「NEO (1期)」の解説は、「鉄神ガンライザーNEO」の解説の一部です。
「NEO (1期)」を含む「鉄神ガンライザーNEO」の記事については、「鉄神ガンライザーNEO」の概要を参照ください。


NEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 14:33 UTC 版)

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS」の記事における「NEO」の解説

レイオニクスカネゴン辺境惑星バトルナイザーを狙う宇宙人から逃げていた所に、突然現れた次元の穴落ちてしまう。そこに通じていたのはウルトラマンティガ活躍する次元地球だった。偶然、街中降ってきたカネゴン接触した少年同じく次元通ってきた宇宙人追い詰められてしまう。その時カネゴンバトルナイザー少年反応し怪獣召喚した次々に襲いくる宇宙人怪獣を、カネゴン駆け付けたウルトラマンティガと共に退けていく少年だったが、遂に捕まってしまい、宇宙を股にかけた壮大な冒険へと発展する

※この「NEO」の解説は、「大怪獣バトル ULTRA MONSTERS」の解説の一部です。
「NEO」を含む「大怪獣バトル ULTRA MONSTERS」の記事については、「大怪獣バトル ULTRA MONSTERS」の概要を参照ください。


NEO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 03:38 UTC 版)

大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の記事における「NEO」の解説

アサマ・アイ 『NEO』の主人公宇宙飛行士になる為に科学に関する知識が豊富。『NEO』の世界ではティガ以外のウルトラ怪獣架空の存在のため本で調べた程度だが、怪獣を操る能力暴れん坊レッドキング気合だけで抑え込む程に高い。借り物あるためアイ一人でバトルナイザー起動させる事は出来ないため、常にカネゴン行動を共にする必要があったが、戦い末に自分一人意思操り第二覚醒』を果たした。かつてグリッターティガの光となった事もある当時記憶曖昧になっている。戦い終えた後はカネゴンイオヴィットリオから正式なレイオニクスとして認められネオバトルナイザー受け取る。 アイの母親 GUTS極東本部基地「ダイブハンガー」の医療班所属するアイ目撃したカネゴン話を聞いてTV『ウルトラシリーズ』の事を聞かせるイルマ隊長、ムナカタ副隊長 防衛チームGUTS指揮を担う2人他にも1コマだけレナ登場している。

※この「NEO」の解説は、「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の解説の一部です。
「NEO」を含む「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の記事については、「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の概要を参照ください。


NEO(登場怪獣・宇宙人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 03:38 UTC 版)

大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の記事における「NEO(登場怪獣・宇宙人)」の解説

アギラ レイオニクスを巡る争い止めるためにセブンと共に戦っていたがはぐれてしまい、アイ世界迷い込むバードン襲われていたアイ助け為に現れ回復セブン届け為にバトルナイザーセーブされて新たな使役怪獣となる。戦い終わった後はアイの別れを惜しみながらセブンの元に帰ったキリエロイド第1話第3話第8話第10話ブルトンによってTVシリーズ『ウルトラマンティガ』から『大怪獣バトルシリーズ世界跳ばされて放浪する異世界人全ての宇宙救済へと導くことを使命とし、バトルナイザーの力を手にようとしている。テンペラー星人と共にカネゴン追って出現した次元の穴によりアイの街に現れるバトルナイザーアイから奪おう画策するグローザム氷漬けにされたが自力で脱出した後、そので胸を刺して一矢報いて以降互いに因縁深い相手になるアイ世界自分がいた『ティガ』の世界思っていたが「ティガガタノゾーア倒して以降活動している」事をアイから聞かされて、まだ異世界にいたという事を知ると彼の前から姿を消したその後消息不明ババルウ星人、マグマ星人第1話第2話辺境惑星跳ばされたカネゴンバトルナイザーを狙う星人金銭要求して来て結局渡さなかったので実力で奪う事にするババルウ星人は首まで下ろした髪で熱くなる周りが見えなくなる傾向があり、マグマ星人冷静な性格をしている。 アイの住む街でガッツウイングティガとの交戦最中カネゴン発見し攻撃を仕掛けるアイ召喚したレッドキングババルウ星人投げ飛ばされマグマ星人ぶつけられ所をゼペリオン光線まとめて倒された。 テンペラー星人第1話第2話カネゴン追ってティガ世界迷い込ん星人ウルトラ兄弟必殺光線ティガ追い詰めるレッドキング参戦形勢不利となり、一時撤退するその後再戦必殺光線レッドキング撃ち込もうとするが「技名が長い」と隙だらけ所にビルによる岩石投げ顔面直撃して昏倒した。止め刺され描写はないがどうなったかは不明ビーコン第1話辺境惑星カネゴン星人襲われる場面遭遇し両者頭をぶつけたこの際ビーコン見た映像電波アイが偶然拾ったのが異変を知る切っ掛けとなる。 ビラ星人第3話吹雪の街に現れた宇宙人カネゴンはぐれてバトルナイザー使えないアイ襲撃する駆けつけたティガ倒された。 インペライザー第3話第4話エンペラ星人侵略兵器バトルナイザー奪取為にグローザム送り込んだ刺客再生能力ティガ苦しめ大剣他に左腕TVシリーズ登場しなかったドリル状にも変化させた。ティガスライサーで身体真っ二つにされ、レッドキング上半身下半身ぶつけられ爆散した。 グローザム第4話第5話第8話第10話第12話エンペラ星人仕える豪将として恐れられ戦士更なる力を手に入れ為にバトルナイザーを狙う。キリエロイド刺し封じアイの住む街やダイブハンガーに猛吹雪起こして機能停止させた上でインペライザー送り込む冷気攻撃圧倒する凍結から脱したキリエロイド奇襲撤退以降因縁深い相手となる。ガッツ星人実験場とした辺境惑星まで追いかけアイを襲うがレイオニックバーストへと強化されレッドキング超高温触れられず、アースクラッシャーで異次元の穴に落とされたが跳ばされた過去惑星ハマーでダークネスフィアを発見しエンペラ星人こそ宇宙の支配者証明する為にアーマードダークネス復活企む度重なる戦いで復元できるほどのエネルギーがなく、駆けつけたセブンワイドショットを受けて粉々になるが…。アーマードグローザム(第12話セブン倒されグローザムアーマードダークネスから暗黒のを受けて復活した姿。高熱冷気を纏ったフロストブレイズでレッドキングEXゴモラ重傷負わせたがレイオニックバーストを発動しレッドキングのアースクラッシャーで地底溶岩落とされEX超振動波で鎧を破壊され溶解したガッツ星人第4話第6話バトルナイザー研究する為にアイカネゴン拉致して地球から連れ去った宇宙人達。いつも3人分身体)で集まって行動決める。辺境惑星自身らに逆らった宇宙人十字架で磔にするという残虐な性格だがセブン戦った者達と比べると話し合い解決しようとするなど紳士的な物腰持ち目を回すなどコミカルな一面もある。自身らの実力宇宙人でもトップクラス称するが、アイ指示で2体の分身体分断され両者ぶつけられ一体に戻され所を岩石投げ潰された。 アロン第4話第5話ガッツ星人使役怪獣バトルナイザー実験用呼びたされたが乱入したナース交戦に入る。その後消息不明だナースアイ襲ってきたので敗北したものと思われるナース第4話第6話ワイルド星人怪獣兵器バトルナイザー手に入れるためにアロンとの実験乱入するその後アイ襲い掛かる長い体で拘束したレッドキング怪力逆に破壊されるワイルド星人第5話第6話) かつて地球人の若い生命奪おうとした星人絶滅寸前だったがコールドスリープ繰り返して何とか宇宙世紀まで生き残りバトルナイザー怪獣蘇生能力目を付けたアイ協力懇願しバトルナイザーをもらう筈だったが金銭目当てカネゴン邪魔されたために逆上して生命吸収カメラ実力行使出ようとするが現れたナメゴン怪光線死亡するナメゴン第6話第7話何故かガッツ星人実験場生息してワイルド星人殺した後にアイ達を襲ったアイカネゴン説明に「火星怪獣ってここは火星じゃない!!」と疑問ぶつけている。キングオブモンス達との戦いでレッドキング飛び道具岩石代わり)にされた。 キングオブモンス第6話第7話経緯不明だガッツ星人実験場にしていた惑星鍾乳洞眠っていた。レッドキングナース戦闘音で覚醒し戦闘に入る。スキューラバジリス次々に体から生み出しレッドキング追い詰めた巨大化したカネゴン分断され、2体が倒され所で自身はレッドキング初め使用した「アースクラッシャー」で倒された。 スキューラ第7話キングオブモンス腹部から分離して巨大化したカネゴンと戦う。カネゴン右腕噛み付いたものの、背中掴まれたのを振り解こうとしてバジリス激突するバジリス第7話キングオブモンス背中から分離してレッドキングと戦う。飛行能力翻弄する近くにいたナメゴンぶつけられ転落地上カネゴン戦っていたスキューラ激突して倒れた巨大ヤプール第8話第9話第15話第17話イオのいた世界からレイオニクスであるカネゴン追って現れる第8話登場した際はバトルナイザーを巡って争うキリエロイドグローザム仲裁しアイ襲い掛かるバトルナイザーから現れた謎の球体後にゼットンの繭と判明)の火球倒されるその後別個体現れたEXゼットン身体復活したレイブラッド星人前にヒッポリト星人と共に宇宙連合軍結成するが全く歯が立たず全滅した最終決戦においてレイブラッド星人再生怪獣軍団として立ちはだかる憑代EXゼットン失ったと同時に解放され、その魂は怪獣墓場へと向かったガメロン第9話第10話ガッツ星人実験場生息していた怪獣後ろ足ジェット変形して背中機器操作できるアイ乗せて一緒に空を飛んでいたが飛んできたバードン風圧落とされるその後カネゴン乗って行こうとしたが、何故か彼の言う事は中々聞かなかった。 バードン第10話ガメロンと空を飛んでいたアイ襲い掛かる助け現れたアギラ火炎放射蹴散らしカネゴンがいなかった為にバトルナイザー使えなかったアイ追い詰めるヴィットリオ召喚したEXゴモラ圧倒されEX超振動波倒された。 ガダノゾーア第10話第11話) かつてアイがいる世界を闇に包んだ邪神ティガ倒された筈だが突然復活遂げてアイ達の前に現れるアギラ一撃石化させてしまう程の力を持ちレッドキング助け来たティガをも圧倒する。しかしアイカネゴンヴィットリオ勝利を信じる心の光でグリッター化して更に巨大となったティガレッドキング同時必殺技を受けて今度こそ完全に倒されるザラブ星人第12話) 偽ウルトラマン変身してアイからバトルナイザー奪おうとする下手くそな演技怪しまれ乱入してきた影美とウルトラマンシャドー正体暴かれ退散したレディベンゼン星人第11話第12話打倒ウルトラマンゼアス目指し過去惑星ハマーシャドー二号機テスト行っていた。原作同様に影美と名乗っているが同一人物かどうか不明アーマードダークネスシャドー纏わせることでパワーアップ目論んでいたが、グローザム怒り買って氷漬けにされる。 ウルトラマンシャドー第11話第12話) かつてレディベンゼン星人ウルトラマンゼアスを基に誕生させた戦闘ロボット二号機一号同様のに加え右腕射出して攻撃することも出来る。レッドキングEXゴモラ戦い、ローリングスピンと怪力パンチ続けて受けて破壊されたアーマードダークネス第12話第13話) ダークネスフィアに封印されていたエンペラ星人の鎧。過去に幾度も破壊されたレイブラッド星人暗躍によって再び復活した。鎧を破壊する為に駆けつけたウルトラセブン戦い、共に溶岩落ちたその後についてはリンク先の『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODYSSEY登場したアーマードダークネス』の項目を参照ゼットン星人RB)(第13話テレスドン使役しジラース交戦している所をアイ達が目撃するその後についてはリンク先を参照テレスドン第13話ジラース交戦していた。その後についてはリンク先を参照レイモンバーストモード)(第13話『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』暴走状態になっていたレイアイ達にも襲い掛かる寸前に正気取り戻しハマーにいると自分の様に暴走してしまうと警告するが、再び自我失い彷徨う詳細は『大怪獣バトルの登場キャラクター#ZAP SPACYを参照ゴモラ(レイオニックバースト)(第13話) 力を制御できずに暴走しアイ達の見ている前でナツノメリュウを無残に引き裂いたリトラ第13話レイのもう一体の使役怪獣テンペラー星人RB)(第13話ゴルドン倒した後、ヴィットリオ勝負挑まれる子供だという理由で相手にしなかった。その後についてはリンク先を参照。アリゲラ(第13話ゴルドン撃破するその後についてはリンク先を参照ジラース、ナツノメリュウ、ゴルドン第13話惑星ハマーのレイオニクスバトルに参戦脱落した怪獣たち。 ババルウ星人RB)(第13話) 『ウルトラギャラクシーNEO』の第4話レイモンバーストモード)に敗北したレイオニクスアイ蟻地獄落とそうとしたがまたもや敗北今度こそ脱落となって退散した詳細上記リンクを参照アントラー第13話ゴモラ(レイオニックバースト)に大顎折られたままの状態であり、蟻地獄アイ助けようとするレッドキング攻撃するが、救助される怪力パンチであっさり絶命した。 バルキー星人RB)(第14話キングザウルス三世使役していたが、ペダン星人襲われて射殺された。キングザウルス三世第14話上空からペダン星の円盤による集中砲火を受けて爆死した。 キール星人グランデ第14話タイラント使い手後にレイ宿敵となる最強格のレイオニクス自身同様、第二覚醒者となっていたアイ闘争心燃やして真のレイオニクスバトルを挑むペダン星人乱入中断された。「タイラントの足」と馬鹿にしていたレッドキングが持つ予想以上能力興味を持つその後についてはリンク先の『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODYSSEY登場したキール星人グランデを参照タイラント第14話主であるグランデ同様、最強格に位置する合体怪獣。アースクラッシャーにもビクともしない耐久力持ちレッドキング一方的に攻撃したグランデレッドキング興味を示す不満の声上げ、「俺の相棒はお前だけだよ」だと説得されているが…。その後についてはリンク先の『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODYSSEY登場したタイラント』の項目を参照ペダン星のハーラン軍第14話イオ巻き込まれた戦争原因で崩壊した未来のペダン星から、レイオニクスがその引き金引いたとして歴史から抹消する為に送り込まれ軍勢キングジョーブラック第14話ハーラン軍の主力兵器レッドキングタイラントとのレイオニクスバトルに乱入タイラント倒された。 ダイル第14話行方不明となっていたハーラン軍のレイオニクスハンター。レイオニクス激しく憎悪しカネゴン撃ち殺そうとするがアギラ阻止される詳細リンク先の『ウルトラギャラクシー大怪獣バトルNEVER ENDING ODYSSEY登場したペダン星人』の項目を参照ヒッポリト星人第15話第17話数ある星人の中で最強格の種族宇宙連合軍筆頭。ヒッポリトタールによるEXゼットン活動停止狙い、その目論みは成功したかの様見えたブロンズ化か容易く復活され、100トリリオンメテオで倒された。最終決戦においてレイブラッド星人再生怪獣軍団として立ちはだかる憑代EXゼットン失ったと同時に解放され、その魂は怪獣墓場逝った宇宙連合軍第15話第17話ヤプール人ヒッポリト星人筆頭に結成された反レイブラッド軍。歴代ウルトラシリーズ登場した宇宙人怪獣超獣数多く揃った大戦力だったが、レイブラッド星人憑依したEXゼットンのゼットンシャッターを破る事さえ叶わず、その腕力やトリリオンメテオの前に一方的に蹂躙されヒッポリト星人のヒッポリトタールさえも通じずに、戦意喪失した所で100トリリオンメテオによって全滅した最終決戦においてレイブラッド星人の力でるが、憑代EXゼットン失ったと同時に解放され、その魂は怪獣墓場逝ったベロクロン第16話アイ達を狙って現れたヤプール刺客三体登場した成長したレッドキング前に雑魚同然の如く倒された。 EXゼットン第15話第17話カネゴンバトルナイザーセーブされていたゼットン遺伝子成長し、繭から誕生したレイブラッド星人新たな身体元はケイト使役していた怪獣だったが自我完全にレイブラッド星人呑まれている。トリリオンメテオは最強格の怪獣でさえも一瞬蒸発させてしまう程の火力誇りヒッポリト星人のヒッポリトタールでさえ効かない最強相応し力を見せつけるアイレッドキングアギラ圧倒するヴィットリオ援軍としてイオ連れてきた事で再生怪獣軍団をモンスロードし、最終決戦へと突入する駆けつけたウルトラマンウルトラセブン軍団分断され、ゼットンシャッターの死角となる足下からアースクラッシャーを受けて破られるゴモラ加えた三大怪獣に全く引け取らなかった。最後セブンウルトラ念力動き封じられイオヴィットリオアイカネゴンのレイオニクスパワーを受けたゴモラ超振動波ゼロシュートとレッドキング最強技ヴォルガニックインパクトを受けて倒される

※この「NEO(登場怪獣・宇宙人)」の解説は、「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の解説の一部です。
「NEO(登場怪獣・宇宙人)」を含む「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の記事については、「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の概要を参照ください。


NEO(登場メカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 03:38 UTC 版)

大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の記事における「NEO(登場メカ)」の解説

ガッツウイング第1話アイ世界活動する防衛チームGUTS主力戦闘機ガッツ星円盤第4話第5話TVシリーズガッツ侵略部隊旗艦として登場した物と同型の船。ナース攻撃破壊された

※この「NEO(登場メカ)」の解説は、「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の解説の一部です。
「NEO(登場メカ)」を含む「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の記事については、「大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー」の概要を参照ください。


NEO(ネオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 08:03 UTC 版)

トリコ」の記事における「NEO(ネオ)」の解説

新たなる食の理想郷ユートピア)」を目標とする第三勢力」。

※この「NEO(ネオ)」の解説は、「トリコ」の解説の一部です。
「NEO(ネオ)」を含む「トリコ」の記事については、「トリコ」の概要を参照ください。


neo-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 06:43 UTC 版)

接頭辞」の記事における「neo-」の解説

新しい~」を意味する

※この「neo-」の解説は、「接頭辞」の解説の一部です。
「neo-」を含む「接頭辞」の記事については、「接頭辞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Neo」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Neo」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Neoのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Neoのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのNEO (改訂履歴)、ネオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの勇者王ガオガイガーFINAL (改訂履歴)、トリコ (改訂履歴)、カウンターストライク (改訂履歴)、日産自動車 (改訂履歴)、デジモンネクスト (改訂履歴)、鉄神ガンライザーNEO (改訂履歴)、大怪獣バトル ULTRA MONSTERS (改訂履歴)、大怪獣バトル ウルトラアドベンチャー (改訂履歴)、接頭辞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS