ドロノキとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 国産材一覧 > ドロノキの意味・解説 

ドロノキ


北海道から本州北部中部分布し、渓流沿いにみられることが多い。また、シベリア中国東北部朝鮮カムチャッカサハリンなどにも分布しています。その蓄積はあまり多くなく、とくに大木になることもありません。同じ属の種にP. sieboldiiヤマナラシハコヤナギ)などがあります。この類は一般にポプラ呼ばれており、その名前のほうがとおりがよいかもしれません。このポプラの類は海外ではパルプ原料とされることが多くそのために、品質がよく、成長のよいものを生産することを目標として品種改良研究おこなわれていますが、日本ではそれ程ではありません。

木材
心材辺材境界はとくにはっきりとしているとはいえません。前者はくすんだ淡褐色で、ときどきやや濃い色の縞が不規則あらわれます。後者白色です。年輪はとくにはっきりしているとはいえません。肌目はやや疎です。気乾比重は0.33-0.42(平均値)-0.55で、どちらかといえば、軽軟な木材といえます。木材保存性は低く、戸外での使用には不適です。切削などの加工は容易ですが、表面仕上げケバ立つことが多く、よいとはいえません。

用途
日常われわれの目によく触れるのはマッチ軸木でしょうパルプ、箱、器具包装経木木毛などにも使われます。炭は火薬原料になります


白楊

読み方:ドロノキ(doronoki)

ヤナギ科落葉喬木


泥木

読み方:ドロノキ(doronoki)

アベマキ別称
ブナ科落葉高木薬用植物

学名 Quercus variabilis


泥木

読み方:ドロノキ(doronoki)

ドロヤナギ別称
ヤナギ科落葉高木

学名 Populus maximowiczii


白楊

読み方:ドロノキ(doronoki)

ドロヤナギ別称
ヤナギ科落葉高木

学名 Populus maximowiczii


ドロノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/11 03:23 UTC 版)

ドロノキ(泥の木、学名Populus suaveolens)は、ヤナギ科ヤマナラシ属落葉高木である。別名はドロヤナギ、ドロ、ワタドロ、ワタノキ、デロ、チリメンドロなど。


  1. ^ a b 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - ドロノキ(2011年8月31日閲覧)
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - ドロノキ synonym(2011年8月31日閲覧)
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList) - ドロノキ synonym(2011年8月31日閲覧)
  4. ^ a b c d e f 渡辺一夫 『アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか:樹木19種の個性と生き残り戦略』 築地書館 2017 ISBN 9784806715368 pp.44-55.


「ドロノキ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ドロノキ」の関連用語

ドロノキのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ドロノキのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2019 All Rights Reserved, Copyright
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドロノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS