サイバーシン計画とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > サイバーシン計画の意味・解説 

サイバーシン計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/06 16:36 UTC 版)

サイバーシン計画 (サイバーシンけいかく、Project Cybersyn) は、サルバドール・アジェンデ政権期間中のチリで1971年から1973年にかけて行なわれた、計画経済を効率的に管理するための、サイバネティックスに基づくシステムの構築・運用の試みである。端的に言えば、現代ではありふれた生産管理システムの開発プロジェクトに該当するが[要出典]、当時の経済では人力で生産管理を行う方法が主流で、サイバネティックスの中核を成していたフィードバック制御という考えが一般的でなく、非常に革新的なプロジェクトであった。実現に当たっては首都サンティアゴにあるコントロールセンターの単一のコンピュータとチリ各地の工場の間をテレックスで接続し、実時間で工場からデータを収集し、オペレーションズ・リサーチにより最適化して導き出した[要出典]生産計画を用いて、国内の全ての工場に対してフィードバック制御を掛ける方法を取っていた。しかし、処理速度や通信速度の制約上、1日1回の生産予定と実績の送受信に留まった。システムの基本設計はオペレーションズ・リサーチの研究者であり当時の経営へのサイバネティックス応用における教祖的存在でもあったイギリスのスタッフォード・ビーアにより行なわれた。1970年代前半のシステムであるため、用いられた技術要素が未熟であり、未来的なコントロールルームの見た目に反して、フィルムスライドによるディスプレイなど、ローテクな装置を多用した設計になっている。




「サイバーシン計画」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイバーシン計画」の関連用語

サイバーシン計画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サイバーシン計画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイバーシン計画 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS