サイバースクワッティングとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > サイバースクワッティングの意味・解説 

サイバースクワッティング

別名:ドメイン占拠
【英】Cybersquatting

サイバースクワッティングとは、主にドメイン名転売目的として、企業商標商号第三者先に登録しようとする行為のことである。

スクワット」(squat)という言葉には、元々、「無断居住」や「不法占拠」といった意味があるドメイン取得基本的に早い者勝ちであり、希望する文字列がまだ誰にも取得されていなければ、好きな文字列を登録することができる。このため、サイバースクワッティングによって有名企業有名人の名称と同じ、あるいは酷似した文字列ドメインに登録し、転売利益得たりユーザー誤解させてアクセス数を稼いだりしようとする行い登場した。

米国では、1999年にサイバースクワッティングを禁止する法律制定されており、国内でも、2001年改正された不正競争防止法により、ドメイン名の不正な取得保有が禁じられている。JPドメイン名紛争処理は、日本知的財産仲裁センターによって裁定が行われている。サイバースクワッティングによって被害を受けた商標商号などの権利者は、そのドメイン名の登録取消・権利移転申し立てることができる。


参照リンク
日本知的財産仲裁センター
WWWのほかの用語一覧
ドメイン:  リゾルバ  sTLD  SINGLESドメイン  サイバースクワッティング  サブドメイン  セカンダリDNSサーバ  セカンドレベルドメイン

サイバースクワッティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/15 04:01 UTC 版)

サイバースクワッティング英語: cybersquatting、ドメイン占拠)は、後で高く売りつけるためにインターネットドメイン名を所得することに対する蔑称である。サイバースペース等で用いられる cyber(元はサイバネティックス参照)と squatting (居座り)を組み合わせた造語である。サイバースクワットとも称する。




「サイバースクワッティング」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「サイバースクワッティング」の関連用語

サイバースクワッティングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サイバースクワッティングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサイバースクワッティングの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサイバースクワッティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS