ウィルバー・シュラムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ウィルバー・シュラムの意味・解説 

ウィルバー・シュラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 04:13 UTC 版)

ウィルバー・シュラム(Wilbur Lang Schramm、1907年8月5日1987年12月27日)は、「コミュニケーション学の父 (father of communication studies)」と称されることもある、アメリカ合衆国におけるコミュニケーション学に大きな影響を与え、合衆国の諸大学にコミュニケーション学部を創設した人物。


  1. ^ 生田正輝「紹介と批評 Wilbur Schramm; Responsibility in Mass Communication. Harper & Brothers, 1958.」、『新聞学評論』第9号、日本新聞学会1959年3月30日、 135-138頁。 NAID 110002773020
  2. ^ 小林栄一「ウィルバー・シュラム著、崎山正毅訳「マス・コミュニケーションと社会的責任」」、『人文學』第46号、同志社大学人文学会、1960年2月29日、 168-173頁。 NAID 120002638700


「ウィルバー・シュラム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウィルバー・シュラム」の関連用語

ウィルバー・シュラムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウィルバー・シュラムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィルバー・シュラム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS