バーチャル国際典拠ファイルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > バーチャル国際典拠ファイルの意味・解説 

バーチャル国際典拠ファイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 07:17 UTC 版)

バーチャル国際典拠ファイル(バーチャルこくさいてんきょファイル、: Virtual International Authority FileVIAF)とは、国際的な典拠ファイルである。いくつかの国立図書館によるプロジェクトで、Online Computer Library Center (OCLC) によって運営管理されている[1][2]


  1. ^ Kelley, Michael; Schwartz, Meredith (2012). “VIAF service transitions to OCLC”. Library Journal (Media Source) 137 (8): 16. 
  2. ^ VIAF, OCLC, http://www.oclc.org/viaf/ .
  3. ^ 鈴木智之「バーチャル国際典拠ファイル―その試みと可能性―」『カレントアウェアネス』第280号、日本図書館協会、2004年、 2-3頁、 ISSN 0387-8007NAID 400062937712012年1月19日閲覧。
  4. ^ VIAFbot Edits 250,000 Wikipedia Articles to Reciprocate All Links from VIAF into Wikipedia, OCLC, (2012-12-07), http://www.oclc.org/research/news/2012/12-07a.html 


「バーチャル国際典拠ファイル」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バーチャル国際典拠ファイル」の関連用語

バーチャル国際典拠ファイルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バーチャル国際典拠ファイルのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバーチャル国際典拠ファイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS