テクニカルコミュニケーションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > コミュニケーション > コミュニケーション > テクニカルコミュニケーションの意味・解説 

テクニカルコミュニケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/07/06 04:09 UTC 版)

テクニカルコミュニケーション: Technical communication)とは、筆記・口述などの方法で特定の聞き手に技術的・実務的(テクニカル)な情報を伝えるプロセスを総称する用語である。テクニカルコミュニケーションにおける情報は、聞き手が情報に基づいて行動や決断を起こせる場合に有効であるとされる[1]。テクニカルコミュニケーターは、論文・動画・インターネットなど、様々なメディア向けの成果物製作のために共同作業を行うことが多い。テクニカルコミュニケーションの成果物には、オンラインヘルプ、ユーザーマニュアル・テクニカルマニュアル・白書仕様書・手続きマニュアル、研修ビデオ、クイックリファレンス、データシート、学術記事、特許文書、研修、ビジネス文書、テクニカルレポートなどがある。


  1. ^ Johnson-Sheehan 7


「テクニカルコミュニケーション」の続きの解説一覧



テクニカルコミュニケーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「テクニカルコミュニケーション」の関連用語

テクニカルコミュニケーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



テクニカルコミュニケーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのテクニカルコミュニケーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS