埼玉県行政文書とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 埼玉県行政文書の意味・解説 

埼玉県行政文書

主名称: 埼玉県行政文書
指定番号 155
枝番 0
指定年月日 2009.07.10(平成21.07.10)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 歴史資料
ト書
員数 11259点
時代区分 明治昭和
年代
検索年代
解説文: 埼玉県域は、慶応4年18686月以降江戸時代領有関係を引き継ぎ、複雑に入り組んだ管轄地域をもつ多数県・藩併置される状況であった。廃藩置県後の明治4年(1871)11月、ほぼ現県域東部埼玉県西部入間県編成され、はじめて広域な行機関成立した。同6年入間県熊谷県(現埼玉県西部及び群馬県域)となるが、同9年熊谷県廃止により同県内の入間県域と埼玉県統合され、ほぼ現在の県域が確定した。
 本件このような行政機構変遷をたどる埼玉県及びその前身県・藩行政機関において作成収受保管された近代地方行政文書群である。
 埼玉県行政文書の保管は、明治28年12月制定された「文書保存規則」に負うところが大きい。各文書行政組織事務分掌に基づいた部・類別に分類されるとともに保存年限決定され、件名目録を付したうえで簿冊編綴保管するように定められた。
 今次指定対象とする文書は、「文書保存規則」で永年保存とされた戦前期行政文書11036点を中心とし、これに「戦後期文書」のうち社寺明細帳52点及び県報171点を加えたものである年代は、既に重要文化財指定された京都府行政文書山口県行政文書同様に地方自治法公布施行をもって昭和21年度までとする。
 主な内容部類別にみれば、県治部地方部は、地方制度地方税県会備荒儲蓄などに関する文書があり、旧藩県引継書類などと併せ江戸時代支配体制から近代行政機関への移行過程近代地方制度変遷伝える。官房部・庶務部は機密人事職制などがあり、県政枢要をまとめた知事引継書などは注目される。学務部は、学制発布後の近代教育進展を知る基礎資料位置付けられる。勧業部・商工部は、輸出品として重視された生糸生産に関し、生産組合設立品質の向上、工場機械化など生産近代化経過具体的に伝え資料地域特色を示す。土木部は最多の2729点が分類される。なかでも日本初近代的煉瓦工場ある日煉瓦製造株式会社明治20年に現深谷市開業したことから、樋門などの煉瓦構造物資料が多い点が特徴的である。このほか明治17年発生した最大規模農民騒擾である秩父事件足尾鉱毒被害調査明治43年水害大正12年関東大震災など社会的に重要な事件資料がある。
 以上のように、埼玉県行政文書は近代における同県基本政策や行機構を知るうえでの基本資料であるとともに首都東京隣接した地域社会が行政との関係のなかで近代化する過程具体的に伝え近代史研究地方行政研究上に重要である。また、戦前の「文書保存規則」に基づく文書保管の状態を比較良好今日伝える点は、府県行政文書史料学上に貴重である。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「埼玉県行政文書」の関連用語

埼玉県行政文書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



埼玉県行政文書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS