インカムゲインとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > M&A用語 > インカムゲインの意味・解説 

インカムゲイン

【英】:Income Gain

狭義では有価証券配当利息などで得た益。広義では本業によって得た益を指す。

関連用語


インカムゲイン

株式投資現金配当債券投資預金等から生じる受取利子信託結果として収益分配金などのこと。
株式投資で得られる収益には、配当など、株式保有することによって収益分配されるインカムゲインと、株式売買した結果株価変動発生するキャピタルゲイン譲渡所得)があります株式投資大部分は、キャピタルゲインを得るところに魅力あります。しかし、長期保有業績安定した優良株であれば、インカムゲインで十分に利益享受できることがあります持ち合いなどで株式所有する企業にとっては、インカムゲインがその企業利益計上一部当てられることもあります

インカムゲイン

公社債利金株式配当金などから得られた収益

インカムゲイン

【英】income gain

・インカムゲインは、資産(株式債権預金等)を所有していることで得られる配当利子のことを指す。

人事関連において、株式配当は、株価値上がり率、発行済み株式総数組み合わされて、賞与原資算出する際の業績指標として活用されることがある

業績指標は「配当株価値上がり率×発行済み株式総数」の式で表される。この指標株主認識する企業活動成果示している。

・この業績指標活用するメリットは、社員に対して企業価値向上、株主への還元対す意識付け強化することが可能であること。賞与と、株主への還元相関強めることで、業績株価上昇によるメリットだけでなく、下落によるリスク株主共有することとなり、業績向上株価上昇へのインセンティブ強化が図れる。一方デメリットは、配当経営としての決定株価値上がり率は、企業正当な成果以外の要素によっても変化するため、社員納得感は低くなってしまうことである。


キャピタル・ゲイン

(インカムゲイン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/25 08:14 UTC 版)

キャピタル・ゲイン(capital gain)とは債券株式不動産など資産価値の上昇による利益のことを言う。購入価格(から購入経費を差し引いた額)と売却価格(から売却経費を差し引いた額)の差による収益(ただし一般事業の仕入れと販売のような流動性・反復性の高い物は含まない)で、資本利得資産益と訳せる。価格が下がって損をすることもあるが、この場合はキャピタル・ロス(capital loss)と呼ぶ。




「キャピタル・ゲイン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「インカムゲイン」の関連用語

インカムゲインのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



インカムゲインのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社ストライク株式会社ストライク
Copyright Strike Co., Ltd. All rights reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2019 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2019 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
投信資料館投信資料館
Copyright(C) 2019 Tokyo Investor Network Limited. All rights reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャピタル・ゲイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS