過当取引とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 取引 > 過当取引の意味・解説 

過当取引

証券マン営業成績上げるために、必要以上に頻繁に売買を行わせること。
バブル株価がどんどん値上がりしていた当時投資家に買わせた銘柄値上がりし、手数料の幅を抜けわずかに利益が出ると、すぐに売却させて他の銘柄乗換えさせるような取引勧める証券マンがたくさんいました。証券会社株価値上がり値下がりに関係なく、とにかく投資家売買繰り返させればさせるほど、売買手数料が入ってくるため、目先のノルマ達成するために、このような「過当取引」が横行したのです。場合によっては、ほとんど利益が出ていないにもかかわらず銘柄乗り換え勧められたばかりに、証券会社に対して支払手数料のほうが高くつくケースもみられました。次々に他の銘柄乗り変えさせることから、「回転商い」とも言われます。バブル崩壊後、証券会社こうした姿勢対す批判が強まり、証券会社営業スタイルも、徐々に中・長期投資前提にした預かり資産営業へと転換しつつあります





過当取引と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「過当取引」の関連用語

過当取引のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ダウンフロー式ラジエーター

手もみラーメン

シンブル

iPod touch

高山伝右衛門

栄昌猪

半潜水型ターレット荷役

アラン・ケイ





過当取引のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2018 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS