中村苑子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 中村苑子の意味・解説 

中村苑子

中村苑子の俳句

いつよりか遠見の父が立つ水際
うしろ手に閉めし障子の内と外
この冥き双ひ鳥かな山河かな
さしぐむや水かげろふに茜さし
すれ違ふ春の峠の樽と樽
わが墓を止り木とせよ春の鳥
わが春も春の木馬も傷みたり
わが朝の夢におくれて来し鳥か
一度死ぬふたたび桔梗となるために
人妻に春の喇叭が遠く鳴る
余命とは暮春に似たり遠眼鏡
俗名と戒名睦む小春かな
冬うらら海賊船は壜の中
凧一つ貌のごときが冬空に
凧なにもて死なむあがるべし
古き日にとり巻かれゐて墓となる
地の春に水の絶景はじまりぬ
夕ざくら家並を走る物の怪よ
夕べ著莪見下ろされゐて露こぼす
天と地の間にうすうすと口を開く
天地水明あきあきしたる峠の木
如月も尽きたる富士の疲れかな
我れ在りて薄き夕日となりにけり
振り向けばふるさと白く夕霰
春の日やあの世この世と馬車を駆り
春山の色に消えたる箒売り
昨日から木となり春の丘に立つ
晩年は桜ふぶきといふべかり
木の梢に父きて怺へ怺へし春
桃のなか別の昔が夕焼けて
桃の世は粗朶のやさしき火なりけり
桃の世へ洞窟を出でて水奔る
桃の実の真昼恥ぢらふ賑はひあり
桃の木や童子童女が鈴鳴りに
死なば死螢生きてゐしかば火の螢
死にそびれ糸遊はいと遊ぶかな
死に遅れたる父は父どち魚遊び
死後の春先づ長箸がゆき交ひて
母の忌の空蟬を母と思ひ初めし
永き日や霞に鳥を盗まれて
流るるは春立つ水か枕灯か
浜木綿や兄は流れて弟も
消えやすき少年少女影踏み合ふ
澪標身を尽くしたる泣きぼくろ
父の奥に雪降り子守唄遠し
父ら睦みて濡れ紙いろの小魚干す
父母未生以前青葱の夢のいろ
生前も死後も泉へ水飲みに
綾とりや小鳥殺しの春の雪
翁かの桃の遊びをせむと言ふ
 

中村苑子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/11 06:17 UTC 版)

中村 苑子(なかむら そのこ、1913年3月25日 - 2001年1月5日)は、俳人


  1. ^ 大塚英良『文学者掃苔録図書館』(原書房、2015年)172頁


「中村苑子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「中村苑子」の関連用語

中村苑子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中村苑子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中村苑子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS