音信とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 便り > 音信の意味・解説 

いん‐しん【音信】

便り通信おんしん

音信物(いんしんもの)」の略。

「—に、(たこ)と辛螺(にし)と蜊(はまぐり)と三いろを持たせやりたり」〈咄・醒睡笑・一〉


おん‐しん【音信】

手紙などによる連絡便りいんしん。「音信不通


いん‐しん【音信】

〔名〕 (「いん」は「音」の漢音

① (━する) 便りをすること。便りまた、手紙訪問によってよしみを通じること。おとずれおんしん

文華秀麗集818)中・奉和春閨怨菅原清公〉「奈何征人大無意、一別十年音信賖」

文明本節用集室町中)「音信 インシン ヲトヅレ」〔沈約襄陽白銅鞮歌〕

② (━する) 音信物(いんしんもの)。また、それを贈ること。

多聞院日記文祿二年(1593)二月一七日甚六造作付、甚介音信として両種一荷遣之」

浮世草子・俗つれづれ(1695)一「某(それがし)も名酒造る宿へ酒樽の音信(ヰンシン)、さりとては不才覚

[語誌]→「おんしん(音信)」の語誌


おん‐しん【音信】

〔名〕

便りをすること。また、その便りおとずれ。音塵。いんしん。〔小学読本字引(1877)〕

通常電報の字数の単位片仮名和文電報では、仮名数字句読点括弧記号一〇を一音信とし、以後増加するたびに一音信を加える。

[語誌](1)常用漢字表では「音」のイン語例に「音信不通」をあげ、備考に「オンシンフツウとも」としている。「おんしん」は呉音、「いんしん」は漢音読み明治期になるまでは「いんしん」。
(2)おんしん」の語形明治一〇年(一八七七)までには出現したが、同二〇年ころまでは「いんしん」が優勢その後両形共存するが、戦後は「おんしん」の方が優勢である。


音信

読み方:インシン(inshin)

消息・たより。

別名 便、信、問




音信と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「音信」の関連用語

音信のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



音信の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS