候ふとは?

そうら・う〔さうらふ〕【候ふ】

[動ハ四]そうろう


そうろ・う〔さうらふ〕【候ふ】

[動ハ四]《「さぶらう」の音変化

身分の高い人のそばに控える。伺候する。

鈴の綱のへんに、布衣(ほうい)の者の—・ふは何者ぞ」〈平家・一〉

「ある」「いる」の丁寧語

対話消息用い聞き手に対し、言葉遣い丁重・丁寧に表現する。ございますあります

「これなる磯(いそ)べに様(やう)ありげなるの—・ふ」〈謡・松風

自己の存在をいう場合に、へりくだる気持ちこめたり重々しく表そうとする気持ちを含めたりする。おります

「いろをし、ここに—・ふ」〈徒然一一五〉

補助動詞

形容詞連用形断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付く。「…である」の意の丁寧語後世候文として、重々しく表現する消息文などに多く用いられた。…でございます

何事にて—・ふぞ」〈謡・松風

㋑他の動詞連用形に付いて、その動作を丁寧に、また、重々しく表現する。これも候文多用された。…ます。

「国へ帰りて早一月にも相成り—・う」〈藤村・家〉

聞こえ—・ふ名馬を見—・はばや」〈平家・四〉

[補説] (1) 現代でも、時に候文重々しい口調利用して、冷やかすような表現として用いことがある。「若い者は、仕事は楽なほうがいいの、転勤はいやでそうろうのと、勝手なことばかり言う」などはこの例。(2) 鎌倉初期ごろ「さぶらふ」から変化したが、平家物語では男性が「さうらふ」を、女性は「さぶらふ」を用いている。


ぞうろ・う〔ざうらふ〕【候ふ】

連語断定の助動詞「なり」の連用形に、補助動詞そうろう」の付いた「にそうろう」の音変化》…であります。…でございます

「身をまったうして敵を滅ぼすをもって、よき大将軍とはする—・ふ」〈平家一一


さぶら・う〔さぶらふ〕【候ふ/侍ふ】

[動ハ四]《「さもらう」の音変化

身分の高い人や敬うべき人のそばに控える。お仕えする。また、宮中など尊い所にいる。伺候する。

女御更衣あまた—・ひ給ひける中に」〈源・桐壺

貴人のそばにうかがう。参上する。

今日明日すぐして—・ふべし」〈源・夢浮橋

品物などが貴人のもとにある。お手もと存在する。

御前に—・ふものは、御琴も御笛も、みなめづらしき名つきてぞある」〈・九三〉

対話消息用い聞き手に対して自己の存在する意をへりくだりまた、言い方丁重にする語。「ある」「いる」の意の丁寧語ありますございますおります

いかなる所にか、この木は—・ひけむ」〈竹取〉

補助動詞

形容詞連用形断定の助動詞「なり」の連用形「に」などに付く。補助動詞「ある」の意の丁寧語。…でございます

あさましく—・ひしことは」〈大鏡花山院

動詞連用形に付いて、その動作を丁寧に表現する。…ます。

からい目を見—・ひて」〈三一四〉

[補説] 丁寧語さぶらふ」は平安中期ではまだ使用例が少なく通常は「はべり」が用いられたが、平安後期からその使用増して「はべり」と交替してゆく。中世になると、「さぶらふ」は「さうらふ」に変化するが、平家物語などでは女性語として用いられる。


さむら・う〔さむらふ〕【候ふ/侍ふ】

[動ハ四]《「さぶらう」の音変化》「そうろう」にあたる、中世女性語多く補助動詞として用いる。…でございます

小野小町成れる果てにて—・ふなり」〈謡・卒都婆小町


さ‐もら・う〔‐もらふ〕【候ふ/侍ふ】

[動ハ四]《「さ」は接頭語。「もらふ」は動詞「も(守)る」の未然形「もら」に上代反復継続助動詞「ふ」の付いたもの

ようすを見守り、よい機会うかがい待つ。よい風向き潮時、また逢瀬などのくるのを待つ。

夕潮に船を浮け据ゑ朝凪(なぎ)に舳(へ)向け漕がむと—・ふとわが居(を)る時に」〈四三九八〉

主君貴人のそばに仕え命令を待つ。伺候する。→候(さぶら)う

(うづら)なすい這(は)ひもとほり—・へど—・ひ得(え)ねば」〈万・一九九


さぶら・う さぶらふ 【候・侍】

〔自ハ四〕 (上代の「さもらう(候)」が変化して、主として中古から中世にかけて用いられた語)

[一] 伺候する相手や、存在する場所(その場所の主)を敬って用い謙譲語

貴人や敬うべき人のおそばに控える。おつき申している。また、宮中など、敬うべき場所にいる。伺候する。

書紀720景行五一年正月(北野本訓)「門下(みかきのもと)に侍(サフラヒ)、非常(おもいのほか)に備ふ

源氏100114頃)須磨人々御前にさぶらはせ給ひて」

② (結果的に、貴人のおそばにいることになるところから) 貴人のおそばにあがる参上しておそばにつき従う

蜻蛉(974頃)下「武蔵といひ侍る人の御曹司に、いかでさぶらはん」

品物などが、貴人や敬うべき人のもとにある。お手もとにおありである。

(10C終)九三「御前(ごぜん)にさぶらふものは、御琴も御笛も、みなめづらしき名つきてぞある」

[二] 対話消息文で、聞き手敬って用い丁寧語存在する場所がどこであれ、単に「ある」「いる」の意を丁重にいう。話し手側の「ある」「いる」については、へりくだる気持含まれるありますございます

*竹取(9C末‐10C初)「翁、御子に申すやう『いかなる所に此木は候けん。〈略〉』と申す」

(10C終)三一四「侍る所の焼け侍りにければ、がうなのやうに、人の家に尻をさし入れてのみさぶらふ

[三] (二)性質敬語補助動詞として用いる。

補助動詞として用いる「ある」を、聞き手に対し丁重に表現する。…(で)ございます

源氏100114頃)浮舟「おはしまさん事は、いと荒き山ごえになん侍れど、殊に程遠くはさぶらはずなん」

② 他の動詞に付いて、その動作を、聞き手に対し丁重に表現する。…ます。

宇津保(970‐999頃)楼上下「三人侍しは、大あねはなくなりさぶらひにき」

[語誌](1)(二)(三)用法は、中古にはまだその勢力弱く、この用法には通常「はべり(侍)」が用いられていた。「さぶらう」がこれに交替しはじめるのは中古後期院政期)ごろからで、敬意も「はべり」より高くなっていく。中世にはいると「はべり」は口語から消え、「さぶらう」あるいはこれの変化した「そうろう」が専用されるようになる。
(2)さぶらう」が「そうろう」に変化したのは、中古末から中世前期にかけてと思われる。ただし「平家物語」には、男性用語が「そうろう」、女性用語が「さぶらう」という使い分けあったとされ、中世になっても女性は「さぶらう」を用いていたと考えられる。「ロドリゲス日本大文典」にも「書き言葉女子にのみ使われる」とある。


さむら・う さむらふ 【候・侍】

〔自ハ四〕 「さぶらう(候)」の変化した語。「ある」「いる」の意の謙譲丁寧語で、中世女性専用語。ありますございます多く補助動詞として用いる。…(で)ございます。…です。→候(そうろう)。

謡曲卒都婆小町(1384頃)「これは〈略〉小野小町成れる果てにてさむらふなり」

[補注](1)特に、謡曲中で女性用いている語であるが、謡曲女性あらゆる場合に「さむらう」を用いるわけではなく通常は「そうろう」を用いまた、同じ詞の中に両者用いられたものもあって、使い分け規準は明確でない。感情激している場合や改まって言う場合用いることが多いようだとする説もある。
(2)近代になってからも、「にごりえ樋口一葉〉二」の「あだなる姿の浮気らしきに似ず一節(ふし)さむろう様子のみゆるに」のような、「きちんとかしこまっている」の意かと思われる用例がある。


さ‐もら・う ‥もらふ 【候・侍】

〔他ハ四〕 (「さ」は接頭語。「もらう」は動詞「もる(守)」に上代反復継続助動詞「ふ」の付いてできたもの。様子うかがい待つの意)

様子うかがい時の至るのを待つ。

(イ) よい機会をうかがう場合

万葉(8C後)一〇・二〇九二「あらたまのかさなりて 妹に逢ふ 時候(さもらふ)と 立ち待つに」

(ロ) 船が風波の静まるのをうかがい待つ場合

書紀720雄略七年前田本訓)「風(かせ)候(サモラフ)と称(い)ふに託けて、淹留(ひさしくととまること)月を数(へ)ぬ」

貴人のおそばにいて、その命令を待つ。自動詞的に、君側待機するの気持用いる。

万葉(8C後)二・一九九「うづらなす いはひもとほり 侍候(さもらへ)ど 佐母良比(サモラヒ)得ねば」

[語誌]「もらふ」の語構成から、守り続ける、じっと見守るの意が原義で、①の用法が本来的なものと考えられる。それが転じて②の用法生まれ、後に「さぶらふ」となり、さらに「さうらふ」と変化する。「さもらふ」の語形上代だけに見え平安時代以降見られない。


そうら・う さうらふ 【候】

〔自ハ四〕 ⇒そうろう(候)


そうろう さうらふ 【候】

〔名〕 (「いそうろう居候)」の略) 食客

滑稽本古今百馬鹿(1814)下「馴染大夫所へ往て、まづ食客(サフラフ)とはなりにけり


そうろう さうら・ふ 【候】

〔自ハ四〕 (中古の「さぶらう(候)」が変化して、中古末か中世初期ごろから用いられるようになった語。歴史的かなづかいは、以前は「さふらふ」とされたが、今では「さうらふ」とするのが通説。→語誌(2)

[一]

伺候する相手や、存在する場所の主を敬って用い謙譲語貴人や敬うべき人のおそばに控える。伺候する。

今昔1120頃か)一六怖し気なる音にて『候ふ』と答て、我が立頸を取て、引き持行く

徒然草1331頃)二三八「かの聴聞の夜、御つぼねの内より人の御覧じしりて、さふらふ女房つくりたてていだし給ひて」

謡曲舟弁慶(1516頃)「『いかに弁慶』『御前に候ふ』」

対話消息文において、話しかたを丁重にし、聞き手を敬ったり、儀礼的自己の品位を保ったりするのに用い丁寧語話し手側の存在をいう場合のものには、へりくだる気持含まれることもある。ありますございます

平家13C前)四「あっぱれ、其馬はおととひまでは候し物を。昨日も候し、けさも庭のりし候つる」

[二] (一)②の性質敬語補助動詞として用いる。

補助動詞として用いる「ある」を、聞き手に対し、丁重に表現する。…(で)ございます

平家13C前)四「小松殿、よい馬に鞍おいて、伊豆守のもとへつかはすとて、『さても昨日ふるまひこそ、優に候しか。是はのり一の馬で候。〈略〉』」

② 他の動詞に付いて、その動作を、聞き手に対し丁重に表現する。…ます。

平家13C前)九「いかにかうはうちとけわたらせ給ひ候ぞ」

[語誌](1)この語は、漢字で「候」と書かれることが多くまた、かな書きも「さふらふ」の形であるため、「さぶらふ」か「さうらふ」かの区別がつけにくい。「日葡辞書」には「Sǒrai, rǒ, ǒta(サウラウ)」の見出しが、また、ロドリゲス日本大文典」には諸所に「sǒrǒ(サウラウ)」の表記があり、その発音がはっきりわかるが、中世前期のものでは不明である。特に、(一)①の意のものは「さぶらふ」の可能性もあるが、しばらくここに収めた。
(2)歴史的かなづかいについては、「さうらふ」の確例はないにしても、「さうらふ」ならば語源的に関係の認められるさぶらふ」または「さむらふ」との関係が、あり得べき音変化として解明できるが、もし「さふらふ」であったとする音変化説明に困難を生ずるという理由から「さうらふ」と推定する橋本進吉説によった。
(3)さぶらう」との関係については「さぶらう」の語誌参照


ぞうろう ざうら・ふ 【候】

連語〕 (「にそうろう」あるいは「にてそうろう」の変化したもの

体言または活用語連体形につく。…です。

平家13C前)九「佐々木殿の御馬候」

謡曲関寺小町(1429頃)「これは女の歌候ふか」

ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「アアラ ヲビタタシノ ゴホウガドモ zǒrǒya(ザウラウヤ)」

② 「と」「は」「や」などの助詞につく。「ぞうろうの上に、「…の状態で」「どのようなわけで」などの意をもつ、ある語句が略されたと考えられるもの。

謡曲烏帽子折(1480頃)「『烏帽子所望参りて候』『烏帽子のご所望と候ふや』」

[補注]ローマ字書き以外のものでは、よみが判然としないが、慣用的に「ぞうろう」あるいは「ぞうろ」とよまれ、用法からみても「そうろう」とは区別があったものと思われる。「ロドリゲス日本大文典」にも、ニテソロ・ニソロ・デソロ・ゴザソロと同じものとして、Mais (舞)その他同類の Monogataris (物語)には、ザウラウが使われる由の記述がみられる。




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「候ふ」の関連用語

候ふのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



候ふのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS