シーサットとは?

シーサット

読み方しーさっと
【英】: seasat

1978 年打ち上げられた米国衛星で、遠地点高度 800km 、近地点高度 776km 、軌道傾斜 108 度、周期 100.6 分の軌道で、打ち上げ 3 カ月データ送信不可能になった。主目的海面現象観測で、主要搭載機器は、高度計レーダー散乱計および合成開口レーダーSAR)などであった。SARL バンド波長:23cm )、HH 偏波出力 1 KW 、オフナディア角(鉛直方向から計った照射方向角度23 度、刈り幅(撮像幅)100km などの性能諸元持っている衛星寿命が 3 カ月で終わってしまったため十分なカバレージは得られなかったが、陸域の SAR データ少なからず得られたため、他の衛星画像合わせて地質情報抽出利用されている。レーダー画像特有の各種歪みのため山岳地域での応用には注意要するまた、高度計海面高度精密な測定に使われ、それから海底地形海域重力分布算出試行され、将来資源探査面への利用研究され始めている。

シーサット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/08 09:08 UTC 版)

シーサット(SEASAT)はアメリカ航空宇宙局 (NASA) が打ち上げた最初に軌道上から海洋観測を目的として設計され、合成開口レーダー(SAR)が搭載された人工衛星である。任務は全地球規模での海洋学上の事象の観測と衛星による海洋観測の運用におけるノウハウの収集が目的だった。観測項目は海洋表面の風や海面温度、波高、内部波、水蒸気、海氷、海洋断面等多岐に渡る。




「シーサット」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シーサット」の関連用語

シーサットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シーサットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2020 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシーサット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS