10秒の壁とは?

10秒の壁

読み方:じゅうびょうのかべ

陸上競技男子短距離種目100メートル走において9秒台を記録することの困難さを表す表現

2017年9月9日日本学対校選手権男子100m決勝戦において、東洋大学桐生祥秀選手日本人選手として初めて9.98秒を記録した。10秒の壁は1968年アメリカジム・ハインズ選手によって初めて破られた。桐生選手以前には、世界120名弱が9秒台の記録出している。

10秒の壁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 03:14 UTC 版)

10秒の壁(じゅうびょうのかべ、英:10-second barrier)は、陸上競技男子100メートル競走において達成困難と考えられていた9秒台に対する記録の壁である。その壁を越えた記録は偉大な短距離選手の証明と見なされている。一方、トレーニング方法や外部環境要因の改善によって1990年代以降9秒台の自己記録を持った選手が増加し、その意義は以前ほど特別なものとは見なされなくなりつつある[1][2]




「10秒の壁」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

10秒の壁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



10秒の壁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの10秒の壁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS