1991年世界陸上競技選手権大会とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > できごと > スポーツ競技大会 > 陸上競技の大会 > 世界陸上 > 1991年世界陸上競技選手権大会の意味・解説 

1991年世界陸上競技選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/27 17:31 UTC 版)

第3回世界陸上競技選手権大会(だい3かいせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい)は、日本東京国立霞ヶ丘陸上競技場をメイン会場とし、1991年8月23日から9月1日まで開催された。43種目(男子24・女子19種目)が実施され、167の国・地域から1517人の選手が参加した[1]。この大会では男子100m(9秒86・カール・ルイス)と男子4×100mリレー(37秒50・アメリカ合衆国)、男子走幅跳(8m95・マイク・パウエル)の世界新記録が誕生した。




  1. ^ 読売新聞大阪本社編 『IAAF世界陸上2007大阪大会報告書』 IAAF世界陸上2007大阪大会組織委員会 2008年、10ページ
  2. ^ 原発禍!「フクシマ」ルポ―39 - スポーツデザイン研究所(岡邦行)2014年7月14日
  3. ^ 新着情報 【国立霞ヶ丘競技場のオーバーレイが完成】 - 日本体育施設
  4. ^ a b c d e f g h 中村敏雄著、吉田文久編 『中村敏雄著作集 第8巻 フットボールの文化論』 創文企画、2009年、306-310頁。ISBN 978-4921164836


「1991年世界陸上競技選手権大会」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1991年世界陸上競技選手権大会」の関連用語

1991年世界陸上競技選手権大会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



1991年世界陸上競技選手権大会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1991年世界陸上競技選手権大会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS