相通とは?

そう‐つう〔サウ‐〕【相通】

[名](スル)江戸時代以前歌学国語研究用語。五十音図同行・同段の内で、音が互いに通い合うという考え。「けけれ(上代東国方言)」と「こころ」「けぶり」と「けむり」など。「ハ行ヤ行動詞は、その同行に相通するものは、その行のかなで書く」→五音(ごいん)相通


そう‐つう サウ‥ 【相通】

〔名〕

古代から日本韻学用いられた理論で、あい似た音が通用して用いられること。

悉曇私記(9C後)「難云、羅帯阿声、羅字不帯。何相通矣。答曰、既言相通、不同音者、二音雖異而有相似、故云相通

② (━する) ①から発展して、五十音図のたての行の五音内、もしくは、よこの段の十音の内で音が通用すること。前者五音相通同声相通、後者同韻相通、あるいはその相通する音をもってイエ相通、サタラナ相通などといった。

悉曇初心抄(1320頃)相通相同事「問。相通相同如何。答。イエ相通、ウヲ相通、サタラナの四音相通、ハマワ同、タナ同なり」

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)二「都(すべ)て道中筥根(はこね)より伊勢路までは、馬をおまといひ、又いまといふ。〔日本記〕に馬をいまとよませり。仍(よっ)て相通(サウツウ)しておまともいふ」

他人意見意志などが似ること。また、他と共通すること。〔日葡辞書(1603‐04)〕

造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉八「心と肺の功用は、〈略〉、其相通(サウツウ)期(かく)の如し

互いに通い合うこと。

やみ夜(1895)〈樋口一葉〉五「我れは食客の上下相通(サウツウ)の身ながらさながらお主様のやうにぞ覚えける」


あい‐つう・ずる あひ‥ 【相通】

(「あい」は接頭語

1⃣ 〔自サ変〕 [文]あひつう・ず 〔自サ変互いに通い合う。わかり合う。〔文明本節用集室町中)〕

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一二「人は、常々往来する朋友と、感情相通じ」

2⃣ 〔他サ変〕 [文]あひつう・ず 〔他サ変互いにわかるようにする。通い合うようにする。

小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「脈絡通徹とは篇中事物巨細となく互に脈絡を相通(アイツウ)じて相隔離せざることをいふなり」


相通

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 08:48 UTC 版)

名詞

そうつう

  1. 江戸時代以前国語学の用語で、五十音図同行または同段にする音が互いに通い合うという考え

発音

そ↗ーつー


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「相通」の関連用語

相通のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



相通のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの相通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS