強飯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > めし > 強飯の意味・解説 

強飯

読み方:こわいいこわめし

主に蒸して作った硬めの飯。蒸し器としては甑(こしき)や蒸篭が用いられる。甑で蒸した強飯(こわいいに対して釜で炊いた飯を「姫飯」といい、これが現在のご飯となっている。

ごう はん がう- [0]強飯

こわめし(強飯)に同じ。

こわ い こはひ

こわいい(強飯)」の転。 是にあるほかひの-をくふか/咄本私可多咄

こわ いい こはいひ

米を甑(こしき)で蒸しためし。粘り気がなくかたい。 御粥・-めして/源氏 末摘花

こわ めし こは- [0]

糯米もちごめ)を蒸籠せいろ)で蒸した飯。祝儀用に小豆やささげを混ぜて赤飯とし、黒豆を混ぜて不祝儀用ともする。おこわ。蒸し飯ごうはん

強飯

読み方:コワイイ(kowaii)

糯米蒸篭蒸した飯


強飯

読み方:コワイイ(kowaii)

甑や蒸籠蒸した飯。


強飯

読み方:ごうはん

  1. 普通はこはめしの事なれども下総地方にてはぼたもち牡丹餅)をいふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

おこわ

(強飯 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/28 02:38 UTC 版)

おこわ(御強)はもち米を蒸した[1]。元々は強飯(こわめし)をあらわす女房詞が一般化したものである[2]。強飯とはこわい(堅い)飯の意で、うるち米の飯に比べ、独特のもちもちとした食感と甘味がある。赤飯もおこわに含まれ、狭義では赤飯のことを指す。




  1. ^ 広辞苑第5版
  2. ^ 日本国語大辞典第2版(小学館)、「おこわ」の項。
  3. ^ 日本大百科全書(小学館)、「こわ飯」の項。
  4. ^ 『一流料理長の和食宝典 : 永久保存レシピ : 私たちへ300レシピの贈り物』 世界文化社〈別冊家庭画報〉、2008年7月。ISBN 978-4-418-08113-4 


「おこわ」の続きの解説一覧



強飯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「強飯」の関連用語

強飯のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



強飯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおこわ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS