3代とは? わかりやすく解説

3 代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/12 23:55 UTC 版)

パーミャチ・エフスターフィヤ」の記事における「3 代」の解説

詳細は「パーミャチ・エフスターフィヤ (戦列艦・3代)」を参照パーミャチ・エフスターフィヤ」級 74 門級戦列艦1809年1月15日起工1810年9月30日進水バルト艦隊配備1812年祖国戦争1813年から1814年対フランス戦争に参加1828年解体

※この「3 代」の解説は、「パーミャチ・エフスターフィヤ」の解説の一部です。
「3 代」を含む「パーミャチ・エフスターフィヤ」の記事については、「パーミャチ・エフスターフィヤ」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:59 UTC 版)

阪神甲子園球場」の記事における「3代」の解説

2010年リニューアル第3期工事完工にあわせて高野連朝日新聞社毎日新聞社の3団体により建設された。場所はレフトスタンド後方(「甲子園歴史館」の入口ゲート前にあたる)で塔の高さは15m。20本の列柱一部には、春・夏それぞれの優勝校名が刻印された銘板取り付けられている。

※この「3代」の解説は、「阪神甲子園球場」の解説の一部です。
「3代」を含む「阪神甲子園球場」の記事については、「阪神甲子園球場」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/19 01:36 UTC 版)

藪内流隨竹庵」の記事における「3代」の解説

【号】休々斎・竹翠・雲脚生没年天保11年1840年) - 大正6年1917年) 取此斎の子加賀大聖寺侯の藩医茶頭藪内9代・宝林斎の没後藪内家迎えられ藪内10代継承、竹翠紹智を号すその年明治11年)、北野大茶会再興した。のちの透月斎と節庵を養育し晩年大阪隠棲した。

※この「3代」の解説は、「藪内流隨竹庵」の解説の一部です。
「3代」を含む「藪内流隨竹庵」の記事については、「藪内流隨竹庵」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/28 09:22 UTC 版)

HAMASHO」の記事における「3代」の解説

溶接工場で見どころ写されフィルム状の部品流れていくという映像

※この「3代」の解説は、「HAMASHO」の解説の一部です。
「3代」を含む「HAMASHO」の記事については、「HAMASHO」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 09:38 UTC 版)

皇室用客車」の記事における「3代」の解説

1926年大正15年12月25日崩御し大正天皇大葬際に製造中の客車大井工場改造して製作されたもので、形態的には大型客車22000系)に属する。 3号御料車改造計画とほぼ同時に計画されたもので、車両性格上、車体中央部大きな開口部設け必要があることから床下トラスロッド有する設計未成郵便荷物緩急車台枠台車流用することとし製作期間短縮図っており、翌1927年昭和2年1月20日落成した車体木製で、全長16.86m、大正14年式の2軸ボギー台車装着し車体中央部片側に幅3200mmの扉を設けた奉安室内白木造りで、床面には霊柩安置際に使用するガイドレール設置した外板塗色は、御料車と同様深紫色の漆塗りで、羽目板継ぎ目見せない平滑な横張りとしている。 1927年2月7日挙行され大正天皇大葬後は2月13日から4月4日までの48日間東浅川駅据え置いて一般拝観供したその間拝観者数は、639千人に達したという。 1933年昭和8年)、一等病客車オイヘ26900に改造された。定員16人、自重34.86t。同車は、1949年昭和24年10月鋼体化改造され、オハ60 5となった

※この「3代」の解説は、「皇室用客車」の解説の一部です。
「3代」を含む「皇室用客車」の記事については、「皇室用客車」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/30 11:44 UTC 版)

岡本文弥」の記事における「3代」の解説

元禄中期 - 元禄末期古浄瑠璃太夫大坂出身二代目岡本文弥師事

※この「3代」の解説は、「岡本文弥」の解説の一部です。
「3代」を含む「岡本文弥」の記事については、「岡本文弥」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/12 22:27 UTC 版)

清水六兵衛」の記事における「3代」の解説

文政5年9月1日1822年10月15日) - 明治16年1883年6月4日2代次男1853年嘉永6年)、京都小御所大雪灯籠二基を焼成する。号は祥雲1868年頃、古藤六兵衛清水(しみず)六兵衛改める。 海外に積極的に出品し賞を受賞

※この「3代」の解説は、「清水六兵衛」の解説の一部です。
「3代」を含む「清水六兵衛」の記事については、「清水六兵衛」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/30 03:44 UTC 版)

山勢松韻」の記事における「3代」の解説

1932年12月6日 - ) 女性日本藝術院会員6代とすることもある。東京出身本名木原司都子(しづこ)。幼少より姉の2代松韻師事東京藝術大学中能島欣一師事卒業後大学院修士課程修了清元志寿太夫杵屋正邦、矢木敬二師事NHK邦楽技能者育成会第一期修了1986年より三度文化庁芸術祭受賞。1989-2000年東京芸大客員教授1996年芸術選奨文部大臣賞受賞1998年紫綬褒章受章2000年山田流山勢6代、3代山勢松韻襲名2001年人間国宝2002年日本芸術院賞2008年芸術院会員2013年文化功労者

※この「3代」の解説は、「山勢松韻」の解説の一部です。
「3代」を含む「山勢松韻」の記事については、「山勢松韻」の概要を参照ください。


3代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 14:17 UTC 版)

藤浪与兵衛」の記事における「3代」の解説

1891年3月21日 - 1952年12月24日2代長男本名藤浪藤三郎自殺した結城素明藝文家墓所誌 東京美術家墓所誌続篇』)

※この「3代」の解説は、「藤浪与兵衛」の解説の一部です。
「3代」を含む「藤浪与兵衛」の記事については、「藤浪与兵衛」の概要を参照ください。


3代(国道148号新道新橋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 10:17 UTC 版)

国界橋」の記事における「3代(国道148号新道新橋)」の解説

1996年12月6日蒲原沢土石流災害発生河川工事従事していた作業員14人が死亡1998年12月3日完成

※この「3代(国道148号新道新橋)」の解説は、「国界橋」の解説の一部です。
「3代(国道148号新道新橋)」を含む「国界橋」の記事については、「国界橋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「3代」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「3代」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

3代のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



3代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパーミャチ・エフスターフィヤ (改訂履歴)、阪神甲子園球場 (改訂履歴)、藪内流隨竹庵 (改訂履歴)、HAMASHO (改訂履歴)、皇室用客車 (改訂履歴)、岡本文弥 (改訂履歴)、清水六兵衛 (改訂履歴)、山勢松韻 (改訂履歴)、藤浪与兵衛 (改訂履歴)、国界橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS