チャッカリ夫人とウッカリ夫人とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > チャッカリ夫人とウッカリ夫人の意味・解説 

チャッカリ夫人とウッカリ夫人

原題:
製作国:日本
製作年:1952
配給:
スタッフ
監督:渡辺邦男 ワタナベクニオ
製作:佐藤一郎 サトウイチロウ
原作:市川三郎 イチカワサブロウ

梅田晴夫 ウメダハルオ

佐々木惠美子 ササキエミコ
脚色:神谷量平 
企画:柴田万三 シバタマンゾウ
撮影:渡辺孝 ワタナベタカシ
音楽:服部良一 ハットリリョウイチ
美術:梶由造 カジヨシゾウ
キャスト(役名
久慈あさみ クジアサミ (里子
香川京子 カガワキョウコ (妹洋子
田崎潤 タザキジュン (夫順助)
折原啓子 オリハラケイコ (迂刈幸子
田中春男 タナカハルオ (夫良夫)
島かづ子 シマカヅコ (良夫の子タア坊)
江川宇禮雄 エガワウレオ (の池新左衛門
三條利喜江 サンジョウリキエ (妻よし子)
片山明彦 カタヤマアキヒコ (孫正彦)
柳家金語楼 ヤナギヤキンゴロウ (洗濯主人
清川虹子 キヨカワニジコ (女房
森繁久彌 モリシゲヒサヤ森繁久弥 (弟茂さん)
横山エンタツ ヨコヤマエンタツ (八百屋主人
伊達里子 ダテサトコ (女房
山中美佐 ヤマナカミサ (娘お八)
大泉滉 オオイズミアキラ (安治川安太郎)
解説
製作は「ブンガワンソロ」の佐藤一郎原作ラジオ東京放送劇で、柴田万三企画立てて神谷量平脚色し、「水戸黄門漫遊記 伏魔殿の妖賊」の渡辺邦男監督、「極楽六花撰」の渡辺孝撮影に当たっている。主な出演者は、「女王蜂(1952)」の久慈あさみ、「上海帰りのリル」の香川京子、「栄冠涙あり」の折原啓子、「浮雲日記」の田崎潤田中春男のほか、片山明彦柳家金語楼清川虹子森繁久彌ニュー・フェイス山中美佐などである。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
東京郊外のある小市民住宅地に住む刈家と迂刈家。主人二人ともある会社の平凡なサラリーマン夫人里子は大変なチャッカリ屋で、迂刈夫人幸子は大変なウッカリ屋。そのため、とんだ悲喜劇がかもし出される。この町八百屋刈家ひいき、洗濯屋は迂刈家ひいきで、それぞれ張り合っているが、八百屋の娘お八は洗濯屋の茂さんにまいっている。池家孫息子正彦君は、大学卒業したのに、相変らずお祖父さんのすねをかじってぶらぶらしている呑気者。刈家へは里子夫人の妹洋子が、家事見習として称して大阪からやって来る。婚約者安治川安太郎をきらっての逃避行である。すると安太郎が四ッ左衛門につれられて洋子のあとを追って来て強談判に、洋子はちょう来会わせた正彦を自分恋人だと紹介する。正彦は面くらったが、うれしくないこともないぐうたらに思われていた正彦が、迂刈家へはいった空巣を、見事になげとばしたり、急に就職がきまり、それも外国勤務で、米国留学というので、みんな驚いてしまう。今日大掃除。茂さんがお八と仲よく掃除をしている姿も見える。

チャッカリ夫人とウッカリ夫人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/26 02:05 UTC 版)

チャッカリ夫人とウッカリ夫人』(チャッカリふじんとウッカリふじん)は、1951年(昭和26年)12月25日から1964年(昭和39年)10月3日まで、ラジオ東京(現在のTBSラジオ)が放送した日本のラジオドラマであり、それを原作とした日本の映画群、および1965年(昭和40年)と1983年(昭和58年)に放送されたテレビドラマである。通称『チャカ・ウカ』。


  1. ^ 出典:昭和30年4月1日付「毎日新聞」・「朝日新聞」東京版朝刊KRテレビ欄(前者・品川区立図書館、後者・秋田市立図書館明徳館で閲覧)
  2. ^ a b テレビドラマデータベース「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」検索結果、tvdrama-db.com、2009年10月13日閲覧。
  3. ^ ザ・テレビ欄0 1954〜1974 2009年8月31日初版、TOブックス発行、テレビ欄研究会編・著 88ページ、97ページ
  4. ^ 国立国会図書館NDL-OPAC「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」検索結果、国立国会図書館、2009年10月13日閲覧。


「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の関連用語

チャッカリ夫人とウッカリ夫人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



チャッカリ夫人とウッカリ夫人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチャッカリ夫人とウッカリ夫人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS