マーケットシェアとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > マーケティング > シェア > マーケットシェアの意味・解説 

マーケット‐シェア【market share】

読み方:まーけっとしぇあ

市場占有率


マーケット・シェア

【英】market share

市場占拠率市場の中で自社商品占有状況を示すものであり、通常パーセントによって示される。マーケット・シェアが高いと販売利益急速に高くなり、マーケット・リーダーとして多くの利益をあげることができ、企業にとっては極めて関心の高い指標。特に自動車住宅電気製品など購入頻度の低い商品では、消費者は、購入リスク回避するために高シェア商品集中する傾向強くみられる

市場占拠率

別名:マーケット・シェア

市場占拠率、マーケット・シェアあるいは簡単にシェアともいわれる特定の商品が、その市場での需要中に占め比率パーセント)のこと。

市場占有率

読み方しじょうせんゆうりつ
別名:市場シェア,マーケットシェア
【英】market share

市場占有率とは、ある市場における一定の間において対象の企業あるいは製品やサービスなどの、売り上げ高販売数量、ユーザー数などの指標が、市場の中で占めている割合のことである。単に「シェア」と呼ばれることも多い。

市場占有率は、ある製品が、市場の中でどのくらい重要度影響力を持つかを表現するための指標として用いられる観点としては、市場全体売上高金額)における占有率や、製品販売数量、サービス契約数利用ユーザー数など、複数観点があり、話題目的に応じて使い分けわれる。また、これら個々の指標をさらに加工した二次的な指標用いられる場合少なくない例えば、携帯電話の市場占有率として、「家族が同じキャリア携帯電話使っている割合」のように指標設定すると、単に売り上げ高測るだけでは気づかない角度からマーケット姿を見ることができる。

市場占有率を計測する際、市場範囲個別の項目をどのように設定するかによって、比較対象切り出し方を任意に設定できる例えば、2007年度PC出荷台数世界市場占有率は、調査会社Gartner報告によればHewlett-Packardが18.2%、DELLが14.3%であった。これは、企業別に見たシェア表現である。また、iResearchの報告による、2007年第3四半期中国におけるWeb検索市場では、百度売上げ市場の60.8%、GoogleYahoo!中国合わせて34.2%であった。これは、中国市場において国産海外製品かという区分で市場占有率を計測した例である。この他複数指標併せて検討することで、新たな情報を得ることも可能である例えば、ある製品関連サービスが、製品出荷台数ベースでは約50%の市場占有率、売上げベースでは約72%の市場占有率を持ってたとすると、当該の製品付加価値の高いゾーン売り上げていると判断できる

経営分野においては企業は市場占有率を参照して、企市場動向把握や、自社ポジションの分先、市場将来予測などを行っているデータ入手については、市場調査などに依頼し調査させる場合が多い。


参照リンク
Gartner Says Worldwide PC Market Grew 13 Percent in 2007 - (英文
iResearch: 2007 Q3 China Search Engine Market Size Exceeds 800 Million RMB - (英文

市場占有率

(マーケットシェア から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/02 00:03 UTC 版)

市場占有率(しじょうせんゆうりつ、: market share, share of market マーケットシェア)とは、ある特定の市場全体の中で、ある商品製品サービス)がどれくらいの割合を占めているかを示す比率である。「市場シェア」などとも言い、日本の実務の現場ではしばしば短縮形で「シェア」と言う。


  1. ^ a b c d e f g h 新宅 純二郎. “4 競争戦略の基本型”. 東京大学 UTokyo OCW. p. 3. 2021年3月1日閲覧。
  2. ^ 新宅 純二郎. “4 競争戦略の基本型”. 東京大学 UTokyo OCW. p. 4. 2021年3月1日閲覧。
  3. ^ a b 土方千代子、椎野裕美子『「経営学の基本」がすべてわかる本』秀和システム、2009年、88頁
  4. ^ a b c 土方千代子、椎野裕美子『「経営学の基本」がすべてわかる本』秀和システム、2009年、89頁


「市場占有率」の続きの解説一覧

マーケットシェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 06:37 UTC 版)

OpenOffice.org」の記事における「マーケットシェア」の解説

OpenOffice.orgは、特にプロプライエタリ文書フォーマット依存すべきでない自治体官公庁などに採用された日本の採用事例 地方公共団体 兵庫県洲本市栃木県二宮町(現・真岡市)、福島県会津若松市LibreOffice移行済み)、愛媛県四国中央市大阪府箕面市愛知県豊川市北海道深川市大阪府交野市茨城県龍ケ崎市 都道府県では初めて、山形県庁2011年度から全パソコンOpenOffice.org導入することを決定した(ただし一部部署限定すれば都道府県では徳島県が初)。その後山形県庁が再びMicrosoft Office採用という報道流れたが、実際には一部必要な部署導入したのみで、依然として標準OpenOffice.orgファイル形式ODF使用企業 アシストLibreOffice移行済み)、住友電気工業株式会社LibreOffice移行済み)、株式会社トーホー三洋機工新生フィナンシャル 海外 シンガポール国防省フランス経済・財政・産業省フランス内務省ハンガリー国防省、北マケドニア財務省、オランダ・ハールレム市、イギリス・ブリストル市議会などで採用されるケースがある。

※この「マーケットシェア」の解説は、「OpenOffice.org」の解説の一部です。
「マーケットシェア」を含む「OpenOffice.org」の記事については、「OpenOffice.org」の概要を参照ください。


マーケットシェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 02:25 UTC 版)

Linux」の記事における「マーケットシェア」の解説

フリー/オープンソースソフトウェアに関する多くの定量的調査は、マーケットシェアや信頼性を含むトピック焦点当てており、なかでも多くの研究Linux調査の対象としている。Linuxマーケット急速に成長しており、2008年には、Linuxによるサーバデスクトップソフトウェア収益357億円を越えると予測された。 IDC社の2007年第1四半期調査は、その時点でLinuxは全サーバの12.7%を占めていると示した。ただしこの数値は、様々な企業によってLinuxサーバとして販売されマシン台数だけに基づ推定であり、サーバハードウェアを購入したあとでLinuxインストールしたもの考慮入れていない。2008年9月には、マイクロソフト社CEOスティーブバルマーが、ウェブサーバ60%はLinuxシステムであり、それに対してWindows Server40%であることを認めた。 W3Schools.comのアクセス解析情報によると、Linuxシェアは、2003年3月時点で2.2%、その後ゆるやかに増加続け2015年1月時点で5.5%である。 アナリスト支持者たちは、Linux比較成功した要因として、セキュリティ信頼性低コストベンダロックインからの自由を挙げている。 Linuxは、映画業界でも何年ものあい選択肢のひとつとして使われてきた。Linuxサーバ初め作られたメジャーフィルムは1997年タイタニックである。それ以降ドリームワークス・アニメーションピクサー・アニメーション・スタジオWETAデジタルインダストリアル・ライト&マジックといった大スタジオLinux移行している。The Linux Movies Groupによると、大規模なアニメーションスタジオおよび視覚効果スタジオ95%以上のサーバおよびデスクトップLinux使用している

※この「マーケットシェア」の解説は、「Linux」の解説の一部です。
「マーケットシェア」を含む「Linux」の記事については、「Linux」の概要を参照ください。


マーケットシェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 01:26 UTC 版)

TRADOS」の記事における「マーケットシェア」の解説

世界銀行による2004年調査によると、TRADOS世界市場占有率は約75%、SDL SDLXがさらに10%占めた2006年ICL翻訳メモリ調査によると、SDL Tradosは全調査対象ユーザー75%が使用している51%がTRADOSを、さらに24%がSDL Trados使用している。 Proz.com(英語)が2013年実施した調査によると、73%の翻訳者Trados Studioを持っている。

※この「マーケットシェア」の解説は、「TRADOS」の解説の一部です。
「マーケットシェア」を含む「TRADOS」の記事については、「TRADOS」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マーケットシェア」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マーケットシェア」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



マーケットシェアと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マーケットシェアのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マーケットシェアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ市場占有率の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市場占有率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのOpenOffice.org (改訂履歴)、Linux (改訂履歴)、TRADOS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS